有吉弘行、狩野英孝のネタをかつて酷評も「正当なリアクション芸人の継承者」と認める

有吉弘行が狩野英孝を「正当なリアクション芸人の継承者」と認める かつては酷評も

記事まとめ

  • 有吉弘行と出川哲朗、狩野英孝が『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した
  • 有吉は狩野を「ラストのリアクション芸人」と称え、狩野を「正当な継承者」だと認めた
  • 有吉はかつて狩野のネタに大うけする客に「半年後に恥じるからな」などと諭していた

有吉弘行、狩野英孝のネタをかつて酷評も「正当なリアクション芸人の継承者」と認める

有吉弘行、狩野英孝のネタをかつて酷評も「正当なリアクション芸人の継承者」と認める

有吉弘行、狩野英孝のネタをかつて酷評も「正当なリアクション芸人の継承者」と認めるの画像

有吉弘行と気心の知れたお笑い芸人の出川哲朗および狩野英孝が、5月27日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演した。トークが盛り上がるなか、櫻井翔が有吉に“売れる芸人の見分け方”について聞いたところ、「大体わかる」というではないか。それに対して狩野は、かつて有吉からネタを辛辣に批判されたエピソードを明かして「もしその経験がなければ自分も…」と感慨深げだった。


出川哲朗は、有吉弘行がお笑いコンビ・猿岩石時代に『進め!電波少年』(日本テレビ系)の海外ヒッチハイク企画で大ブレイクし、帰国後もアイドルのような人気ぶりだった頃から共演してきた。ある時『24時間テレビ』に出演していた有吉が放送中に寝てしまい、東野幸治から「なに寝てんだ!」と指摘されて「寝て何が悪い!」と口げんかになった。出川によると、東野は有吉が自分と同じような“狂気を潜ませた面白さ”を持っていると見抜いていたそうだが、その頃から有吉の人気が落ち始めて仕事がなくなったという。

人気低迷して仕事がなくなり地獄を見た有吉が毒舌キャラで復活した頃、一発ギャグで売り出してきたのが狩野英孝だった。このたび櫻井翔に“売れる芸人の見分け方”を聞かれて有吉弘行が「売れてるけどダメなやつはよく分かる」と答えたところ、狩野が復活したばかりの有吉と共演した時の経験を振り返った。スタジオで狩野が「ラーメン! つけ麺! 僕イケメン!  狩野英孝でーす!」とネタを披露したところ、観覧客にドカーンと大うけした。ところが有吉は観客に向けて「待て待て! お前ら半年後に何でこんなギャグで笑ってたのか恥じるからな! 先に言っとくぞ」と諭したのである。

狩野は当時、有吉の言葉が正直過ぎて「何でそんなこと言うの」と驚いたそうだが、今思えば「それを最初に気づいてよかった」という。もし有吉に言われなかったら、調子に乗って「売れてるけどダメなやつ」になっていたと考えたからだ。そんな狩野英孝は2017年12月にAbemaSPECIALチャンネルで放送された『芸能義塾大学 #19』に講師として出演した際、有吉弘行と飲んだ時に「イジられ芸人と、イジる芸人は“50対50”の関係でどちらが上だとかない」と言われて「1つの笑いをゴールに皆で目指しているのだから“差がない”なんて、いつも僕には強めにいじってくるのに本当はなんて素晴らしい人だろう」と気づいたことを話していた。

ちなみに有吉弘行は、ダチョウ倶楽部や出川哲朗のようなリアクション芸人に憧れていたという。なにかにつけてハラスメントと問題視され、ケガをするのも許されない昨今の風潮を嘆く出川や狩野を「体張ったり、ハードドッキリがやれるラストのリアクション芸人だよね」と称え、出川と同じマセキ芸能社に所属する狩野を「正当な継承者」だと認めていた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)