ナイツ土屋に面と向かって「君は誰?」 誰だか分かってもらえないアクシデントが多発

ナイツ土屋に面と向かって「君は誰?」 誰だか分かってもらえないアクシデントが多発

ナイツ土屋に面と向かって「君は誰?」 誰だか分かってもらえないアクシデントが多発の画像

お笑いコンビ・ナイツの漫才では塙宣之がボケを連発して土屋伸之が次々にツッコミを入れていくスタイルだが、土屋のルックスの要となるのはどうやらメガネのようだ。かねてからメガネを外すと「誰だか分からない」と言われている土屋だが、とうとう師匠をイラつかせる事態が起こった。


ナイツでテレビや寄席に出演しているときはいつもメガネをかけている土屋伸之。しかしそのイメージが定着しているためか、メガネをかけていないと職員やスタッフなど一般人に間違われることが日常茶飯事だという。過去には何人もの芸人たちのなかで、土屋だけが一般人と間違われて週刊誌に黒目線を入れられて掲載されたことがある。芸能人に詳しいはずの週刊誌からこの扱いを受けたことに土屋は「週刊誌がもうそれだから気づかない」と力なく笑っていたが、今年2月にはすでに面識のあった女優・田中美佐子からも劇場職員と勘違いされて「お願いだからあなたはメガネをしてください」と怒られたそうだ。

2020年12月20日放送のNHKドラマ『うつ病九段』(BSプレミアム)では羽生善治役を演じて俳優としても活動中の土屋だが、今度は2021年冬にNetflixにて全世界同時配信予定の劇団ひとり監督の映画『浅草キッド』にビートきよし役で出演する。女優・鈴木保奈美が6月12日にTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演したが、鈴木は『浅草キッド』で土屋と共演するだけでなく、好きな芸人に挙げるほどナイツに好印象を持っているが、この日ナイツが挨拶するとやはり土屋だとは分からなかったという。土屋を見て最初プロデューサーかと思ったが、塙宣之と一緒にいるため土屋なのだろうと判断したそうだ。

19日放送の『ちゃきちゃき大放送』では、さらに強烈なエピソードが披露された。「本当ここ最近すごいよ、土屋気づかれないブーム」という塙に「毎週そういうことが起こるよね」と苦笑する土屋。ナイツは前日に岩手県民会館で開催された寄席に出演したが、同じ寄席に出演した三遊亭白鳥もやはり土屋だと認識できなかったそうだ。「白鳥師匠のリアクションはとびきりだったね。ハッキリ言ったもんね。挨拶した10分後に『で、君は誰?』」と土屋。白鳥とは同じ新幹線で盛岡駅に着いて、土屋は下車するときに挨拶したが、白鳥はどうも理解していなかったようだ。タクシー乗り場までずっとついてくる土屋を疎ましく思っていたらしい。そしてタクシーに乗るときにとうとう溜まりかねた白鳥が「君は何なんだい!?」とストレートに質問したという。当然ながら「ナイツの土屋です」と言うと、白鳥は「えっ!? そうなの!? ごめんね、気づかなくて」と驚きながら謝ったのだ。その声があまりに驚いたためか絶叫となり、盛岡駅のロータリーに響き渡り、周りの人たちがみんな振り向いたそうだ。

土屋がメガネをかけずにラジオ出演している『ちゃきちゃき大放送』のインスタグラムには、メガネ無しの土屋に「カッコいいです」「いつ見ても、素敵です」とイケメンだとの感想の他に、「誰? まさか塙さんの相方?」「メガネをして下さい」「何か眼鏡無し、マスクだと本当に分かりませね」「土屋氏は警備員に止められたりスタッフだと思われたりしていて、それ系のエピソードに暇が無いですね」といったコメントが寄せられている。

白鳥から「あそこまで言われるとは思わなかった」という土屋。その前の週には伊集院光からも気づかれず、土屋は「それを避けるためには毎回『ナイツの土屋です』と言わないといけない」と対策を練ったが、このときはメガネをかけていたのか。まずはメガネをかけることが解決の早道だと思われるが、もしかけていて気づかれないのならそれはそれでまた別の問題だろう。

画像2〜5枚目は『田中美佐子 2021年2月11日付Instagram「今日の明治座のゲスト様は」』『TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」 2021年6月12日付Instagram「今日のゲスト #鈴木保奈美 さん!」、2021年5月29日付Instagram「おはようございます!」』『ナイツ塙 2021年6月18日付Twitter「帰りの新幹線です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)