山下智久、仕事が終わり“歩いて”帰宅 「表参道歩いているなんて」「想像してビビった」ファン衝撃

山下智久、仕事が終わり“歩いて”帰宅 「表参道歩いているなんて」「想像してビビった」ファン衝撃

山下智久、仕事が終わり“歩いて”帰宅 「表参道歩いているなんて」「想像してビビった」ファン衝撃の画像

有名人と言えども、ときには車でなく徒歩で家路につくこともあるようだ。歌手で俳優の山下智久(36)が28日にインスタグラムを更新し、スタジオから帰宅する途中に撮った写真を公開した。「山P、表参道歩いてるなんて〜」「白マスクでもイケメン度が凄すぎる」など反響を呼んでいる。


かつては「NEWS」や「修二と彰」というジャニーズのグループで活躍したものの、活動の拠点を海外に移し、海外作品に参加するためにジャニーズ事務所を2020年10月31日をもって退所した山下智久。

退所理由を裏付けるように同年11月23日に『ジュマンジ』シリーズの米俳優ケヴィン・ハートのインスタグラムに山下が登場。米俳優ウディ・ハレルソンを加えた3ショットで山下が真ん中に写っているが、これは米アクションコメディ映画『トロントから来た男(仮題)(原題:The Man from Toronto)』のオフショットのようだ。ケヴィンは山下へ「トロントへようこそ」とメッセージして、「君が僕らの映画に加わってくれるなんて素晴らしい。君を迎えられて僕らはラッキーだ」などと綴っている。また同作に出演する米俳優のピアソン・フォデも山下との2ショットを自身のインスタグラムで同年11月24日に公開した。また山下のことを「スーパークールガイ」と表現するカメラマンのケヴィン・クォン氏のインスタグラムでは山下が日本刀を手にしているショットなどを見ることができる。

そんなハリウッド映画に出演した山下智久が28日に自身のインスタグラムに投稿したのは、夕焼けをバックに歩道橋で佇む姿。マスクはしているものの、サングラスを白いTシャツの首元に引っかけて帽子はかぶらず、山下だということが丸分かりだ。「仕事終わりに、歩いて帰ろうと思ってスタジオから外に出たら、ちょうど夕暮れ時。夕陽が最高でした」と文章を日本語と英語で添えているが、「#ウォーキング」とタグ付けしていて、黒いリュックを背負った山下はどうやら本当に歩いて帰るようなのだ。

この写真の場所を東京・表参道だと指摘するファンたちはSNSで「え!? 表参道に!? 山Pが!?」「山Pが表参道歩いてるん想像してビビった」「山Pて表参道を歩いて帰ってるの」「山P、表参道歩いてるなんて〜」「表参道だよね? 山Pふつうに歩いてるんだ」と次々に衝撃を受けたもよう。他にも「表参道歩いてれば山Pに会える?」「あぁ、遭遇した〜い」と会いたいと願うファンや、「白マスクでもイケメン度が凄すぎる」「ステキな夕日+山下智久=カッコよすぎです」などそのルックスを称賛するコメントで盛り上がった。山下は2019年12月にもごく普通に電車に乗る様子をインスタグラムのストーリーズで公開して話題になった。

今年3月にイタリアの高級宝飾品ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに就任、5月にはDiorのビューティーアンバサダーにも就任した山下智久。ファンからは「山Pって呼べなくなるのかなぁ…」と複雑な声も聞かれていたが、仕事が終わりリュックを背負って歩いて自宅へ帰る山下に、親近感が湧いたファンも少なくないのではないか。

画像は『Tomohisa Yamashita 2021年5月17日付Instagram「Diorの新しい、ビューティーアンバサダーに就任させて頂きました。」、2021年7月28日付Instagram「仕事終わりに、歩いて帰ろうと思って」』『Kevin Hart 2020年11月23日付Instagram「Welcome to Toronto @tomo.y9」』『Dopepic by Kevin Kwan 2020年12月10日付Instagram「@patrick_hughes_ directing @tomo.y9 telling him …」』『Pierson Fode? 2020年11月24日付Instagram「The Man From Tokyo – @tomo.y9 -」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)