高橋真麻、金メダルかじられた後藤希友選手から返事 「人格者だなぁ…凄いです」と感嘆

高橋真麻、金メダルかじられた後藤希友選手から返事 「人格者だなぁ…凄いです」と感嘆

高橋真麻、金メダルかじられた後藤希友選手から返事 「人格者だなぁ…凄いです」と感嘆の画像

東京五輪で13年越しの連覇を果たし日本を沸かせたソフトボール。日本代表の後藤希友選手(20)が出身地である名古屋市の河村たかし市長を表敬訪問した際に、河村市長が後藤選手の金メダルをかじったことに批判が殺到している。これに胸を痛めたタレントの高橋真麻は後藤選手にコンタクトを取るためツイッターを開設しメッセージを送ったところ、後藤選手から返事が来たという。


4日にソフトボール日本代表で金メダルを獲得した後藤希友選手の表敬訪問を受けた河村たかし名古屋市長。後藤選手から金メダルを首にかけてもらった河村市長は「重てぇな、本当に。重てぇ」と感想を述べると、いきなりマスクを外して、金メダルにがぶりと噛みついた。メダルが歯に当たる「カチン」という音が聞こえて、「いやぁ、本当に重てぇな」と口にすると、金メダルを首から外して後藤選手に返した。

後藤選手はこの河村市長の行動に動揺することなく笑っていたが、柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手(28)が同日自身のツイッターで「え… 動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし 自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに」と反応。そして「怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ 俺だったら泣く。」と同じく金メダルを獲得した高藤選手ならではのリアルな心境をツイートした。

さらにタレントの高橋真麻は5日にブログを更新し「全く関係の無い私ですが 応援していた身として 何故だか涙が出るほど悲しくて悔しくて」と胸のうちを吐露、「どうしても 後藤選手にメッセージを送りたいとう理由で Twitterを始めました。」(原文ママ)と後藤選手本人にツイッターを介してコンタクトを取り、メッセージを送ったそうだ。

その高橋の思いが通じたのか、約5時間後にブログを再び更新した高橋は「後藤選手からお返事を頂きました」と報告。「SNSがあったからこそ 繋がったご縁。ありがたいです そしてお返事を下さった後藤選手、ありがとうございます」と感謝した高橋は、後藤選手からの返事の内容は明かせないものの「お返事頂いたお気持ちが本心ならば それなら良かったです」と少し安堵したようだ。そして「後藤選手、大人…というか人格者だなぁ…凄いです」と感嘆していた。

金メダルをかじった河村市長は「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は憧れだった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」と謝罪のコメントを発表したが、現役アスリートだけでなく、SNSでも河村市長の行動に「あまりにひどい行為」「常識なさすぎる」「選手に対するリスペクトが一切ない」「選手の汗と涙の結晶を自分の物のように扱っている」などの批判が相次いでいる。

画像2〜4枚目は『日本女子ソフトボールリーグ機構 2021年5月9日付Twitter「#ノーヒットノーラン 達成」』『Tokyo 2020 2021年7月27日付Twitter「メダル速報」』『オリンピック 2021年7月25日付Twitter「#ソフトボール 日本代表がカナダ代表にサヨナラ勝利」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)