マツコ、母親の死で部屋がゴミ屋敷寸前に「“タガ”が外れてしまった」

マツコ、母親の死で部屋がゴミ屋敷寸前に「“タガ”が外れてしまった」

マツコ、母親の死で部屋がゴミ屋敷寸前に「“タガ”が外れてしまった」の画像

9月30日放送の『マツコ&有吉 怒り新党 解散!! 生放送2時間スペシャル』(テレビ朝日系)で、自分の部屋が「今、すごいことになっている」とゴミ屋敷寸前のような状態だと告白したマツコ・デラックス(48)。以前はいつ誰を自宅に招いても恥ずかしくないほど綺麗にしていたが、今は片付ける気力も起こらないほど部屋が物で溢れかえっているという。


マツコ・デラックスが現在もコメンテーターを務める情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演を始めた2005年頃に住んでいた部屋は、整理整頓され定期的に掃除もしていたので綺麗だったという。翌年にはお昼のワイドショー『ピンポン!』(TBS系)の金曜コメンテーターとして島崎和歌子(48)と共演し、タレント活動が軌道に乗って急激にレギュラー番組が増え始めた。次の引っ越し先ではは「あら?」「私こんなに怠惰な人間だったかしら?」と思うようになったという。部屋が散らかっていてもあまり気にならなかったのだ。だがこの頃は、急に人が家に訪ねてきても少し外で待っていてもらえれば、すぐに片付けて入ってもらえるくらいの余裕はあったそうだ。

そして現在の住まいは、部屋中が物で埋め尽くされて「必要なものなのか、そうでないのか」「いつから部屋にあるのか」「何が出てくるのか」と自分では手の施しようがない状態だという。もし家に誰かを呼ぶとしたら、テレビ番組の“片付けられない人特集”で清掃業者に来てもらうぐらいしか考えられない―とマツコは真顔で話す。「部屋の乱れ=心の乱れ」「自分の精神状態が家に反映されてるのよ」と自己分析はできているものの、帰宅すると“無駄なことで動きたくない”と掃除どころか何もせず、埃まみれだろうとじっとしているという。

マツコの話を聞いていた夏目三久(37)は本当に驚き、「大丈夫ですか? じゃあ今、精神状態あまり良くないんですか?」と心配顔である。「ある時から音を立てて崩れていった」と語るマツコが思い当たるのは、2016年に母親を亡くしてからなのだ。

マツコは2014年8月放送の『5時に夢中!』で「今の稼ぎをすべて両親と自分の老後のために蓄えている」と話している。当時41歳だったが両親とも80代に入っており、苦労をかけてきた一人っ子の自分がやれることはこれしかない―と熱弁していたものだ。だがその2年後に母親が旅立ったことで、マツコの中で“タガ”が外れてしまったらしい。「母親が見て悲しまないように生きてきたのかもしれない」、「いくつになっても、ちゃんと怒ってくれるのは母親だけ」というマツコの言葉に、ネット上では「マツコの言うとおりすぎる。母のありがたみが最近すごい」、「私も母を亡くしてからキチンと律することが出来なくなった…社会人としては頑張ったけど」、「めっちゃ最近危惧してることをマツコさんが言ってるよ〜 私も母死んだら何のために生きるのかわからんもん」「マツコの言ってることわかる、母がいなくなったら何もかもどうでも良くなりそうでこわい」と同調する声が少なくない。

今90歳の父親がもしいなくなったら、さらにタガが外れて自分は体重が500キロぐらいになって部屋で動けなくなっているかも―と想像するマツコ。だが「恩人であり道しるべであり大好きな先輩」と涙を堪えて感謝を伝えた夏目のためにも、健康には留意してまだまだ第一線で頑張ってほしいものだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)