ナイツが「イカゲームに影響されてほしくない」と気にかける“いかちゃん” すでに便乗していた

ナイツが「イカゲームに影響されてほしくない」と気にかける“いかちゃん” すでに便乗していた

ナイツが「イカゲームに影響されてほしくない」と気にかける“いかちゃん” すでに便乗していたの画像

韓国ドラマ『イカゲーム』(Netflix)が世界的な大ヒットになっている。北斗晶はブログで「今、話題の…イカゲーム見た!?」と呼びかけ、韓国の友達から送られてきたという女の子の人形が設置された地方の写真を公開して「今はイカゲームブームで人が凄いここに行ってるらしいよ〜」と説明すれば、Twitter上ではアメリカの学校でも生徒の間で「だるまさんがころんだ」が流行ってると聞いて「イカゲームすごw」と驚く人もいた。お笑いコンビ・ナイツ(塙宣之・土屋伸之)がパーソナリティーを務めるラジオ番組でも『イカゲーム』の話題で盛り上がり、その流れからナイツの2人が「イカゲームに便乗して売れるかな…」と口にしたのはプロダクション人力舎に所属する女ピン芸人だった。


『イカゲーム』は日本でいう「だるまさんがころんだ」のような子どもの遊びを、大人たちが命がけで行う生か死のサバイバルゲームを描いたものだ。10月14日放送の『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)で土屋伸之が話したところによると、主人公を演じる俳優は「大泉洋」のような雰囲気で、顔は「リリー・フランキー」に似ているという。土屋が韓国の競馬場のシーンに触れようとしたところ塙宣之から「ネタバレですか」とツッコまれてしまい、指摘された土屋は「皆、ネタバレしないように探り合ってるよね」とナーバスになっていた。言葉を選びながらトークを続けるナイツが、「便乗して、いかちゃん、売れるかな」と思い浮かべたのがピン芸人・いかちゃん(25)である。いかちゃんは、カップを使ってリズムに合わせながら「みんなのいいところを言います」というゆるい芸風の癒やし系キャラで知られる。

ナイツはいかちゃんのことを「可愛いよね」、「『イカゲーム』にどうやって便乗するの?」、「芸風が違いすぎる」、「絶対見てないでしょ」、「影響されて欲しくない」と心配していたが、実はYouTube「トコトコ!いかさんぽ!」チャンネルで9日に『イカゲーム(?????)再現&簡単カルメ焼作り方』を公開しており「『イカゲーム』という、いかちゃんにぴったりなドラマがあって。だがしかし内容はかなりグロ系…」と感想を話している。

りんたろー。(EXIT)や手越祐也など、SNSで『イカゲーム』を話題にするタレントは多い。そんななか芸名が似ているいかちゃんは便乗しやすく売り出すチャンスだが、ナイツは「芸風が違いすぎる。ブームに乗れない」、「パロディーでパーカー被って、だるまさんころんだとかやっても怖い」と乗っかり方を懸念していた。すでに配信した『イカゲーム(?????)再現&簡単カルメ焼作り方』では少しだけ「怖い」シーンのパロディーを見せており、いかちゃんがこれからどのような方向性で便乗していくのか見守りたい。

画像2〜4枚目は『いかちゃん 2021年9月19日付Twitter「【告知】北海道放送HBCテレビ」』『北斗晶 2021年10月14日付オフィシャルブログ「イカゲーム」』のスクリーンショット、『トコトコ!いかさんぽ! 2021年10月9日公開YouTube「イカゲーム(?????)再現&簡単カルメ焼作り方」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)