車内に放置された間の悲劇 6歳姉が1歳弟をシートベルトで絞殺(米)

テキサス州で車内に放置された6歳姉が1歳弟を絞殺 父親を保護責任者遺棄罪で起訴

記事まとめ

  • テキサス州で26歳の男が車中に6歳娘と1歳息子を残し、ショッピングセンターに入った
  • 女児は弟をあやそうとするも泣き出したため、怒ってシートベルトで首を絞めた
  • 車内には冷房なども入っていたが、父親は保護責任者遺棄罪で起訴された

車内に放置された間の悲劇 6歳姉が1歳弟をシートベルトで絞殺(米)

車内に放置された間の悲劇 6歳姉が1歳弟をシートベルトで絞殺(米)

車内に放置された間の悲劇 6歳姉が1歳弟をシートベルトで絞殺(米)の画像


5月20日、テキサス州ヒューストンにあるショッピングセンター「Family Thrift Store」に車でやってきたエイドリアン・ドレショーン・ミドルトン(26歳)は、車中に6歳娘と1歳息子を残したまま、衣類を求めてショッピングセンター内へと入った。

買い物を終えて車に戻ってくると娘が後部座席で泣いており、エイドリアンは「トイレに行きたい」という娘からやがて「悪いことをしてしまった」と打ち明けられた。車の中でシートベルトを首に巻き付けられたまま意識不明の状態になっている息子を見るや否や、エイドリアンはCPR(心肺蘇生法)を試み911に緊急通報した。男児はその後テキサス子供病院へと運ばれたが、死亡が確認された。

女児がヒューストン警察に話したところによると、弟を泣き止ませようとあやしたりしながら遊んでいたが、弟がまた泣き出したために怒りを覚え、シートベルトを弟の首に巻き付けたという。後の事情聴取で、女児は「弟が静かになったので眠っていると思った」と話したようだ。

この悲劇の翌日に自首したエイドリアンは、取り調べで「車内には冷房も入れっ放しにしておいたし、子供たちのために映画もつけておいた。水やスナック菓子も車の中に置いてあり子供たちをカーシートに乗せてシートベルトもしておいた。出ていたのは30分〜40分ほどで、その間ショッピングセンターの窓から子供たちをチェックしていた」と供述したが、捜査官らが監視カメラを確認すると、エイドリアンは午前10時35分に店に入り、午後12時15分に店を出ていたことがわかった。つまりエイドリアンは1時間40分もの間、子供たちを放置していたことになる。さらに車の中には、子供用のカーシートなどなかったことも明らかになった。

その後、男児の死因は絞殺によるものであることが判明し、エイドリアンは11月16日に保護責任者遺棄罪で起訴された。なお少女については年齢から逮捕・起訴はなく、現在は祖母の家に滞在しているという。

画像は『Inside Edition 2018年11月20日付「Girl, 6, Strangled 1-Year-Old Brother After Dad Left Them Alone in Car: Police」(Baytown Police)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)