松本人志がこだわる「イルカショーのイルカの気持ち」 パンダを占ったゲッターズ飯田ならば分かる?

松本人志がこだわる「イルカショーのイルカの気持ち」 パンダを占ったゲッターズ飯田ならば分かる?

松本人志がこだわる「イルカショーのイルカの気持ち」 パンダを占ったゲッターズ飯田ならば分かる?の画像

フランスの国会で動物愛護に関する法案が可決され、数年後は水族館でイルカのショーを禁止するという。28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でその話題を取り上げたところ、松本人志が「イルカにもそれぞれ思いがあるはず」と指摘した。共演者から「イルカの意見を聞くことができれば…」との声もあったが、実は前日に放送されたゲッターズ飯田のラジオ番組によると「ペットでも運気や性格を占える」そうだ。パンダを占ったこともあり、動物を鑑定すると同じ傾向が見られるという。


法案可決によってフランスでは2024年からペットショップで犬・猫の販売禁止、2026年までに水族館でイルカやシャチのショーを禁止、2028年までにサーカスで野生動物のショーを禁止するという。松本人志はなかでもイルカショーの禁止に対して「イルカによると思う」とこだわった。「俺はけっこう楽しいよ」とショーを受け入れるイルカがいれば「俺、あれアカンねん」と苦手意識を持つイルカもいるはずで「イルカをひとくくりにしている」ことが納得できないそうだ。

松本は局長を務める『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)で、昨年6月に放送した「イルカトレーナー」に関わる依頼を通じてVTRでイルカショーの現場を見ている。このたび「イルカショー禁止」という話題が出るとその時のことが脳裏に浮かび、「イルカの気持ち」を代弁せずにはいられなかったのかもしれない。

劇作家で演出家の根本宗子さんは松本の持論にうなずいて「ホントにそう」、「本人(イルカ)の意見を聞けない限り、一生着地がないような。めちゃくちゃ見られるのが好きなイルカもいるでしょうし」と共感するので、松本も「そうです」と応じつつ「でも、(猿回しを)ノリノリで楽しんでいる猿はあまり見たことない」と怒った猿の表情を真似て笑いを誘った。

ちなみに“芸能界最強の占い師”ゲッターズ飯田は、ペットでも生年月日が分かれば運気や性格を占えるという。27日放送のラジオ番組『モヤモヤ解決!ゲッターズ飯田 ラジオで占いまSHOW』(ニッポン放送)にて「犬とか猫は占えますけど(鑑定結果は)欲望しか出ないですよ」と話していた。以前の放送で双子のパンダを占って「シャオシャオは行動的で冒険心がある」、「レイレイは臆病でビクビクするところがあり、陰に隠れたりする感じが出ている」と鑑定したうえで「どちらもエロい」と補足して、アシスタントの前島花音アナウンサーを苦笑させた。

飯田によると、動物は「食べて寝て繁殖する」ことに全ての運を集約するので「悪い意味ではなく」鑑定結果に「欲望」が出ることが多いそうだ。生年月日が同じシャオシャオとレイレイを姓名判断で鑑定する飯田も「犬とか猫は感情が出るから占えるけど、魚は無理。どれがどれだか俺がまず分からない」と苦手なジャンルを明かしていた。イルカは哺乳類とされ、海辺でふれあえる施設では波打ち際に人がいるとイルカの方から近寄ってくるほど人懐っこいという。もしゲッターズ飯田がイルカを占ったらどのように鑑定するのか興味深い。

画像3枚目は『ゲッターズ飯田ラジオで占いまSHOWラジオ【毎週土曜日15時30分から】 2021年11月27日付Twitter「【モヤモヤ解決! #ゲッターズ飯田 ラジオで占いまSHOW】」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)