サウスウエスト航空職員 5歳女児の名前を笑い、搭乗券をFacebookに投稿(米)

サウスウエスト航空職員 5歳女児の名前を笑い、搭乗券をFacebookに投稿(米)

サウスウエスト航空職員 5歳女児の名前を笑い、搭乗券をFacebookに投稿(米)の画像


11月2日、カリフォルニア州オレンジ郡にあるジョン・ウェイン空港からサウスウエスト航空を利用してテキサス州エルパソにある自宅へ戻ろうとした親子に、同航空会社の搭乗口スタッフが心無い態度を取った。

レッドフォードさんの5歳になる娘はユニークな名前で、搭乗券には「REDFORD/ABCDE」と印字されていた。このABCDEは「ab-si-dee(アブシディー)」と発音される。しかしこの搭乗券を見た女性ゲート職員は同僚らに伝えて笑い飛ばしただけでなく、アブシディーちゃんの搭乗券を写真に撮りソーシャルメディアに投稿したのだ。この投稿に偶然目を留めたレッドフォードさんの友人が知らせてくれたことで初めて何をされていたかに気付き、レッドフォードさんはメディアで怒りを露わにした。

「私たちが搭乗口で座って待っていた時、私と娘を指さして搭乗口スタッフの女性が同僚と笑っていたので、その女性スタッフに近付いて『ちょっと、あなたたちが話していること聞こえているんですよ。私が聞こえるということは娘にも聞こえているということなんです。娘のことを話すのは止めてもらえませんか』と言いました。でもその女性スタッフは、娘の搭乗券を写真撮影してFacebookに投稿し娘の名前をからかっていたのです。最近になってそのことを友人から聞いて、サウスウエスト航空に正式に苦情を訴えたのですが、2週間経った今でも航空会社からは何の返事もありません。」

レッドフォードさんによると、アブシディーちゃんはてんかんを患っているため、搭乗が常に優先されるそうだ。自分の名前について笑われていることを聞いていたアブシディーちゃんから、「ママ、なんであの人たちは私の名前を笑っているの?」と問われたレッドフォードさんは、「世の中には良い人ばかりがいるわけじゃないのよ。残念だけど、良い人にならない人もいるの」と教えたという。

搭乗客の航空券をFacebookに投稿した女性スタッフは、米メディアの取材にコメントを返していないようだが、サウスウエスト航空側は声明文を次のように発表した。

「レッドフォードさん一家には深くお詫びいたします。当社は行動規範を遵守し、全ての乗客の皆様をリスペクトするおもてなし精神を持つことに大きな誇りに思っております。しかしながら今回のソーシャルメディアへの投稿は、我々がスタッフ全員に期待する思いやりやリスペクト、礼儀正しさからはかけ離れた行為です。現在事態をフォローアップ中ですが、社員の行動を公に開示するのではなくこれを機会にポリシーを強化し、全てのスタッフへの今後の対応に期待したいと考えております。」

このニュースを知った人からは、「いやいや、こんなバカバカしい名前をつける親が悪いだろ。ミドルネームは『Fghijk』か? 子供がこの名前でからかわれたのは今回が初めてじゃないはずだ。私だったら、パスポートに『ABCDE』なんて記述があったら困惑するし、印字ミスかと思ってしまう。世の中みんな良い人ばかりではないことは確かだけど、こんな名前をつけた親のあんたが子供の人生を10倍困難にしてるんだろうが」「笑った航空会社スタッフも当然悪いけど、こんな名前を子供につける母親も悪い」「普通、子供にabcdeなんてつける!?」「この先、子供がいじめられそうな名前だよね」「子供がかわいそう」といった声があがっている。

画像は『The Sun 2018年11月29日付「NAME AND SHAME Mum’s fury after Southwest Airlines worker name-shamed her five-year-old daughter for being called Abcde」(Credit: KABC TV)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)