ケンドーコバヤシ『根も葉もRumor』の激しいダンスを絶賛するも同曲を「やめろ」と主張するワケ

ケンドーコバヤシ『根も葉もRumor』の激しいダンスを絶賛するも同曲を「やめろ」と主張するワケ

ケンドーコバヤシ『根も葉もRumor』の激しいダンスを絶賛するも同曲を「やめろ」と主張するワケの画像

AKB48が今年9月に発売したメジャー58作目のシングル曲『根も葉もRumor』は、とにかく激しいダンスが特徴のロックナンバーである。今月8日に放送された『2021FNS歌謡祭』(フジテレビ系)でOGの野呂佳代がダンスコラボしたことでも話題になったが、『ヘビーローテーション』や『恋するフォーチュンクッキー』などのヒット曲のイメージで見た人たちはその激しさに驚いたのではないだろうか。長い間AKBメンバーと『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で共演しているケンドーコバヤシもその1人で、「とんでもないことをしてるぞ」と彼女たちの変化に驚いたという。


22日に放送された『アッパレやってまーす!』で、「ゆいりーにね、謝らないとアカンかもしれん」「今のAKB48をなめてたかもしれん」とスタジオのAKB48・村山彩希に語りかけたケンドーコバヤシ。その理由がAKB48の最新曲『根も葉もRumor』で、最近改めてダンス映像を見たところ、そのレベルの高さに驚愕したそうだ。

「今のAKBをなめてた」と語ったケンコバは、激しいダンスを踊り続けるメンバーたちを「とんでもないことをしてるぞ」「人間の心肺能力の限界を遥かに超えてる」と興奮気味に説明。「俺なんかが見ててもしゃあないわ」「ダンスやってる人とか、ダンスボーカルグループの人が“いやあれはね…ちょっと凄いです、勝てないです”っていうレベル」と絶賛すると、「動画見た方がいいわ」と周囲に呼びかけた。

これまでのイメージを一新したAKB48を褒め称えたケンコバだったが、一方で「でもあの曲はな、やめろ」と忠告する一幕も。その理由は「柏木由紀が死ぬわ」。今年9月に番組を卒業したグループ最年長メンバー、柏木由紀の体力を心配しているのだ。

「30超えた人類がやっていい動きじゃないねん、ホンマに」と語ったケンコバ。確かに現在30歳の柏木、今年6月には難病「脊髄空洞症」で活動を休止し、復帰の際にはSNSに心配の声が寄せられていた。現在は順調に回復しているとはいえ、やはり気になってしまうファンは多いだろう。とはいえ柏木本人は上手に調整しているようで、柏木だけを注視しながら動画を見ていたというケンコバは「まあ上手いこと抜いてたけどな」とベテランならではの見せ方を心得ていたと告白。センターで登場する場面では「気合100点」で登場し、後列に入った際は「めちゃめちゃ抜いてる」ことを明かし「先発投手って4点まで抑えたら試合作れんねんから」「それ分かってたわ、あの人」と柏木の“大人の抜き方”を称賛した。

一方で、村山については曲を通して「全開で飛ばしてんのよ」と評している。「先生たちが凄い厳しかった」とレッスンを振り返った村山は「内側からするとどれくらい凄いことなのか分かんなくて…」と謙遜していたが、今回取り上げられたことに「知ってもらえてすごく嬉しいです」と声を弾ませていた。

画像3枚目は『HMV&BOOKS SHIBUYA 2021年9月29日付Twitter「【#AKB48】本日、58thシングル『根も葉もRumor』をリリースされたAKB48から、柏木由紀さん・村山彩希さん・向井地美音さんが御来店!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連記事(外部サイト)