杉咲花の笑い声は林家パー子似 松本潤から『99.9』次回作では「ピンクの衣装で」

杉咲花の笑い声は林家パー子似 松本潤から『99.9』次回作では「ピンクの衣装で」

杉咲花の笑い声は林家パー子似 松本潤から『99.9』次回作では「ピンクの衣装で」の画像

松本潤主演の映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が30日から公開中だ。同日に公開初日舞台挨拶が都内劇場で開催され、松本をはじめ共演の香川照之、杉咲花、そして木村ひさし監督が登壇した。3代目ヒロインとしてこのたび加わった杉咲花に、松本が珍アドバイスをしていたという。


同作の主題歌に起用された嵐の楽曲『Find The Answer』が鳴り響く場内にキャスト陣が登場すると、満席の観客から盛大な拍手が沸き起こった。松本潤は「朝早くから足をお運びいただきありがとうございます!」とお礼を述べ、前日にはSPドラマが放送されたことを受け「SNSを見ていたら 『おかえり』という言葉をたくさん見かけて、すごく温かい気持ちになりました、嬉しく思ってます」と顔をほころばせた。

2016年、2018年にTBS日曜劇場で放送された『99.9-刑事専門弁護士-』。日本の刑事裁判における有罪率は99.9%だが、個性豊かな弁護士たちが99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンタテインメント。松本潤は型破りな弁護士・深山大翔を演じ、香川照之は利益優先の弁護士・佐田篤弘を演じたが、このたびの映画化に向けSPドラマから3代目ヒロインとして加わったのが新米弁護士・河野穂乃果役の杉咲花だ。

その杉咲は「たくさんの方に愛されてきた『99.9』の大切な初日に携われることを光栄に思っています!」と満面の笑みを見せたが、前日にTBSで放送されたSPドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-完全新作SP 新たな出会い篇〜映画公開前夜祭〜』で穂乃果が初登場し、そのキャラクターが明らかに。松本は「今までのヒロインの進化系で、『99.9』の新しいスパイスになった」と新キャラの効果に触れた。そして「撮影序盤と映画終盤の穂乃果の決めポーズ『ビシッ!』では、成長が感じられると思うので、ぜひチェックしてください」と映画版の鑑賞ポイントを述べると、杉咲も「確かに、撮影最初の『ビシッ!』は弱かったな?」と思い当たることがあったよう。松本が「おしとやかなイメージからあの(穂乃果の)キャラクターは想像つかないでしょ?」と投げかけると、香川照之も「0.2秒でスイッチが入る」と無茶ぶり。そこで杉咲がマイクを使わず地声で「ビシッ!」と穂乃果のキャラクターを召喚すると、場内に大きな拍手が起こる場面もあった。

また杉咲が「穂乃果の笑い声は松本さんがアドバイスくださいました!」と暴露すると、会場からは笑い声が。 松本が恥ずかしそうに「やめてください」と恐縮したが、杉咲は「ゆくゆくは林家パー子さんみたいに笑ってほしいと言われました」と付け加えた。そこで松本が「もし、次に映画があったら穂乃果はピンクの衣装ですね」とボケて、会場は大いに盛り上がった。杉咲が普段話しているときの笑い声がパー子に少し似ているそうで、杉咲も「たまに言われることがあります」と認めていた。

今年4月に撮影が始まり『99.9』づくしの一年だったという松本潤。「映画公開やジャニーズのコンサートの演出など、2021年12月30日が特別な日になった。2022年は先々の準備で日本舞踊など香川さんに教えてもらい、勉強する時間を設けたい」と来年を見据えた。最後にはキャスト3人で鏡開きを行い、松本は「この映画が皆さんの生活の中でちょっとでも明るい気持ちになる映画になればと思います」と願って舞台挨拶を締めくくった。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)