松居一代、隔離ホテルで「明らかなる人権侵害」「この狭さは異常」と不満爆発 弁当は口に合わず

松居一代、隔離ホテルで「明らかなる人権侵害」「この狭さは異常」と不満爆発 弁当は口に合わず

松居一代、隔離ホテルで「明らかなる人権侵害」「この狭さは異常」と不満爆発 弁当は口に合わずの画像

昨年の10月中旬から約2か月半、所有するレジデンスがある米ニューヨークに滞在していた女優で投資家の松居一代(64)は急遽帰国し、現在は検疫所が確保する宿泊施設で隔離中である。しかしニューヨークでの贅沢で自由気ままな生活から一変した食と住は、松居にとって耐え難いものとなっているようだ。


今年1月2日のブログで突然「突然の帰国を決めて、日本に帰って参りました」と綴り、現在は指定されたホテルで隔離中だと明かした松居一代。母親から受け継いだという“不思議な力”で帰国便と座席を決めたため、同じ飛行機の搭乗者から「オミクロン株」の感染者が出たが濃厚接触者には該当しなかったということだ。

さて滞在しているホテルへの不平不満は、4日から始まる。トランクが開けられないほどの「この狭さにたまげました」と部屋の現状を公開し、「荷物がぐちゃぐちゃ過ぎて…?なにがなんだか…」と嘆いている。松居は常日頃から“お部屋の状態は心の状態”と述べてきたが、今こそこの言葉を実感しているそうだ。その後も「刑務所よりも狭いと思いますよ」「暖房をつけたら、恐ろしいほどの乾燥」「拷問部屋」「歩数で測ったら3歩弱でした。この狭さは異常」と言いたい放題だが、せっせと室内の掃除をしているのは流石である。

また支給される弁当が、どうも松居の口には合わないらしい。弁当の写真も4日から投稿されているが、「ずっと…こんな感じのお弁当が一日、3回です」「私は申し訳ないですが…頂かずにお返しをしました」「ドアにかけていただいてもね、正直に申しましてもなかなか…口には難しいです」「寒い部屋で冷たく固まったご飯は、厳しいですね」とかなり落ち込んでいる。ただUber Eats(ウーバーイーツ)での注文は可能なようで、プリンやバナナなどコンビニエンスストア商品の配達を(フロントまで)してもらったそうだ。

そして5日、ついに松居の怒りは爆発する。帰国時にPCR検査を出発する前のケネディ空港(陰性)で、羽田空港(陰性)で、隔離3日目(陰性)と「何度検査しても、陰性の日本人を一歩も部屋から出さない」「明らかなる人権の侵害です」とブログで訴えている。奇しくも松居の帰国を待っていたかのように4日、前夫で俳優・船越英一郎(61)の熱愛が報じられた。5年前の“松居劇場”騒動を思い出した方も多かったようだが、松居一代は今それどころではないようである。

画像2枚目は『松居一代 2022年12月28日付オフィシャルブログ「チャオざんす!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)