山田涼介、今年こそ“あとしまつ”したい物 未開封で「何が入っているのか分からない」

山田涼介、今年こそ“あとしまつ”したい物 未開封で「何が入っているのか分からない」

山田涼介、今年こそ“あとしまつ”したい物 未開封で「何が入っているのか分からない」の画像

アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーとしても活躍する山田涼介が9日、主演を務める映画『大怪獣のあとしまつ』(2月4日公開)のウルトラプレミアイベントに登場した。ヒロインの土屋太鳳をはじめ、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行、そして三木聡監督も集結し、トークで会場を盛り上げた。新年を迎えて今年こそは“あとしまつ”したいことをキャストたちが明かした。


主演・山田涼介らが都内劇場のステージに登場すると、これから同映画を鑑賞する観客たちが大きな拍手で温かく出迎えた。山田が「この作品はコロナの影響もあり、いろいろなことが重なって完成まで約2年、2022年早々皆さんにお届けできることを嬉しく思っております」と挨拶すると、ヒロイン・土屋太鳳も「明けましておめでとうございます。撮影開始から約2年、厳しい状況を乗り越えて完成したこの作品はまさに時代のヒーローとなる作品と感じています」と顔をほころばせた。2人が言う通り、この映画は2020年3月10日にクランクイン、3月末まで撮影した後は翌年2021年1月末に撮影を再開し、3月上旬でクランクアップ、そしてようやく今年2月4日に全国公開になる。

オダギリジョーは「怪獣がやられたところから始まるという、今まで考えようともしなかった映画が(監督・脚本の)三木(聡)さんの手で作られました。三木さんらしい面白い作品になっていますので楽しんでいってください」とコメントしたが、同作は特撮映画でヒーローに倒された怪獣の死体処理は果たしてどうなっていたのか? そんな誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語を史上初めて描いた新しい視点の映画だ。

新年を迎えたこともあり、キャスト陣が映画にちなんで「今年こそは“あとしまつ”したいこと」を発表することに。大怪獣の死体の“あとしまつ”を命じられ、誰も経験したことのない難題に挑む特務隊員・帯刀アラタを演じる山田涼介は「引越しのダンボール」と回答。「最近引越したわけではないんですけど、引越したあとに何個か未開封の箱があって」と状況を説明して、「全く開けていないので何が入っているのかよく分からないんですよ。それをあとしまつしたいです」と手つかずのダンボール箱を今年こそはスッキリさせたいという。

アラタを見守る環境大臣秘書官・雨音ユキノを演じる土屋太鳳は、「人間関係(良い意味で)」と回答し、「ありがたいことに忙しくさせていただいており、お世話になった方々に御礼を伝えられていないのでしっかり伝えて、未来に繋げていきたいです」と前向きに語った。総理秘書官の雨音正彦役の濱田岳は「昨日飲み残したコップ」をあとしまつしたいそうで「まだ正月ボケが治っていなくて、たくさんお酒を飲んでしまって、今日は散らかしたまま出てきてしまったので片付けたい」と直近のエピソードを披露し、「パソコン」をあとしまつしたいという元・特務隊で爆破のプロ“ブルース”役のオダギリジョーはなかなか捨てる方法が分からず、家に歴代5台くらいあるそうだ。

実際に映画に登場する大怪獣は全長155m、横幅380mという邦画史上最大級だが「もし本当にこの大怪獣の死体が現れたら、自分ならどうあとしまつするか」と聞かれた山田は「日本全国から人を集めて怪獣で焼肉! 食べる! みんなで集合してこの部位美味しいねなんて…美味しかったらですけど」と笑った。同様の回答をしたのが、未曽有の事態の対応に追われる内閣総理大臣・西大立目完を演じた西田敏行。怪獣の身体に部位の名称を書き込んだフリップを見せながら「これから食糧的に困難な状況になるのを考慮して。背中のとげとげは軟骨なんです。美味しく柔らかく煮込んでいただいて。何人分の食料ができるのか楽しみです」と笑顔で語った。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)