有吉弘行のYouTubeチャンネル評にアンジャ児嶋がぼやき「クソみたいなって言ったの?」

有吉弘行のYouTubeチャンネル評にアンジャ児嶋がぼやき「クソみたいなって言ったの?」

有吉弘行のYouTubeチャンネル評にアンジャ児嶋がぼやき「クソみたいなって言ったの?」の画像

お笑いタレントの有吉弘行がラジオ番組で児嶋一哉(アンジャッシュ)のYouTubeチャンネルに言及して、好調なことを有吉流に「クソみたいなYouTubeでも…」と評した。それを知った児嶋がTwitterで「有吉クソみたいなYouTubeって言ったの?」とつぶやいたところ「え…それはひどい」と児嶋に同情するフォロワーがいる一方、リスナーによる「ちゃんと本人の言葉聞いてくださいね!」という声も見受けられた。実は有吉、マシンガンズ西堀のYouTubeチャンネルに登場したことで思わぬ反響があり、YouTubeへの関心が高まっているらしいのだ。


有吉弘行と児嶋一哉は、ツイートでいじってツッコむやりとりが恒例となっている。1月8日にも児嶋が「明日仕事初め たっぷり休んだ〜 もうちょい休みたい〜 両方の思い よし頑張ろう!」とつぶやいたのに対して「このツイート自分であらためて読んで、どう?」と有吉がツッコんだ。児嶋が「冷静に聞かれちゃうと!」と真面目に応じたところ「あっごめん寝てた。笑」とはぐらかして、さらに「あっごめん。笑ってない」ととどめを刺した。

そうした関係ながら、1月16日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHTDREAMER』(JFN系)で児嶋が2020年6月から運用しているYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」に触れて「クソみたいなYouTubeでもさ、結構儲けてるんでしょ」と評したことには納得がいかなかったようだ。児嶋は16日夜8時過ぎにTwitterで「有吉クソみたいなYouTubeって言ったの? スタッフと頑張ってやってるんだけど、、何でも言っていいと思ってんのかな?」と不満をぶちまけた。

児嶋のつぶやきに「え…それはひどい」と同情するフォロワーも、それでYouTubeチャンネルを見る人が増えるならば「取り上げていただいて、たぶんですが…結果有り難いですね」と前向きに捉えており、『サンドリ』リスナーからは「文字だけだと誤解を招くなぁ。この言い方、テンションやめてほしい。ラジオ聞いてみればいいじゃない」「自分で聞いてから反応した方がいいかも」と指摘する声が少なくない。

有吉はこのたびの『サンドリ』でアシスタントのデンジャラス・安田和博がYouTubeチャンネルを開設して息子がおもちゃで遊ぶ動画を投稿していることを聞き、「YouTubeも困っていると思う。クソみたいなチャンネルも残しとかないといけないから」といじり倒した。その流れがあって児嶋の話題になり「クソみたいなYouTubeでもさ…」と口にしたのが真相である。

しかも有吉は意外に細かくチェックしているようで、児嶋が2020年7月に公開した『最強デカ目になれる地雷系メイクしたらガチ盛れたんだけど…』を取り上げて「恥ずかしくないの? って思うけどさぁ」と揶揄しつつ「でもYouTube見てる人たちは『あぁ、児嶋もやってんだ! 見てみるか』って、いい方向に行ってるわけでしょ」と最終的に認めていた。

ちなみにマシンガンズ・西堀亮のYouTubeチャンネル「西堀ウォーカーチャンネル」で1月10日に公開した『【有吉さんと歩く(1)】大雪の次の日に結構な距離を歩く。西麻布からスタート。』は有吉が出演したことで再生回数が桁違いに伸びて話題になった。有吉も反響を受けてYouTubeチャンネルに興味津々のようで、もし自分が投稿するとすれば「落語でもやんないといけないのかねぇ」と冗談半分にほのめかした。

画像2枚目は『児嶋だよ! 2020年7月23日公開YouTube「最強デカ目になれる地雷系メイクしたらガチ盛れたんだけど…」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)