ダイアン・ユースケの勇姿に感動の声 吉住は沖縄の海でモリ突き “体張る芸人”もギャップで魅せる時代か

ダイアン・ユースケの勇姿に感動の声 吉住は沖縄の海でモリ突き “体張る芸人”もギャップで魅せる時代か

ダイアン・ユースケの勇姿に感動の声 吉住は沖縄の海でモリ突き “体張る芸人”もギャップで魅せる時代かの画像

体を張って笑いをとるリアクション芸人と言えば、出川哲朗やダチョウ倶楽部といったレジェンドから“次世代”とされるロッチ中岡やガンバレルーヤよしこなどがいる。さらに天竺鼠・瀬下やパンサー尾形なども人気を博すなか、ここのところ全く体を張るイメージではなかった芸人の活躍が目立つ。ダイアン・ユースケや吉住が意外な姿を見せ、「感動した」「ガッツがある」と反響を呼んでいるのだ。


お笑いコンビ・ダイアンのユースケが1月25日放送の『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(関西テレビ・フジテレビ系)で「お尻でクルミ割り」の世界記録に挑戦した。相方の津田篤宏は2020年4月放送の『探シタラTV』(テレビ朝日系)で“次世代リアクションスター”候補として「痛い」と口にするのはNGの足つぼに挑戦したり、2021年1月には『テレビ千鳥』でカッパの姿になり極寒の川に入るなど体を張った企画のオファーが多い。一方でユースケは、今年1月7日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)にサプライズ登場して“ぐだぐだなラップ”を披露したように緩い芸風で知られる。

このたびの「お尻でクルミ割り」は3度目の挑戦ということもあり、前回までの反省点を見直し「絶対に達成する」意気込みで過酷なトレーニングを行ったという。“緩い”キャラを完全封印して本番に臨んだところ、ジムで鍛えてきた光景が重なりTwitter上で「ユースケさんの勇姿、ほんとに感動しました!!」と反響があった。しかもギネスワールドレコーズジャパンの公式アカウントが「最後に、勇ましいお尻を」とデモンストレーションで瓦割りした時の姿を投稿したため、「ギネス公式にツイートされるユースケ! ダイアンも世界規模になってきたか」という声まで見受けられた。

一方、『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』女王の吉住は自ら「ネガティブ」だと認めており、プロフィールの特技には「球技、単純作業に耐える、映画開始10分で物語のラストを想像して泣く」とある。昨年は車に乗る時に右足をひねって骨折してしまい、12月5日にTwitterで「電車の乗り換えで、ホームの端から端まで松葉杖で移動しなきゃだった時の絶望も、この歌があるから乗り越えれてる」とミュージックビデオに出演したヒグチアイの楽曲『やめるなら今』に触れていた。ヒグチアイはアニメ『進撃の巨人』新シリーズのEDテーマ『悪魔の子』を手掛けるシンガーソングライターだ。『やめるなら今』(11月24日配信)MVについて「舞台に立つ前や後。何のスイッチも入っていない素の吉住さんの姿も見どころです」と解説している。

そんな吉住が、1月18日放送の『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』(日本テレビ系)で沖縄ロケを行い、夜の海で素潜りしてモリで魚やエビを突く漁に挑戦した。初めてというのに暗闇の海でライトの灯りを頼りに数時間ほとんど休むことなくモリで魚を捕り続ける姿を見て、指導した漁師も真顔で驚いたほどだ。視聴者も「吉住さんすごいガッツ」、「モリ突きの才能爆発して本物の海女さんのようだったな…!」、「吉住さんの株が沖縄のモリ漁で爆上がり」とギャップに魅了されていた。

ちなみに「お尻でクルミ割り」を終えたダイアン・ユースケは「トレーニングするロケがしんどくてもうやりたくない」と弱音を吐いていたが、視聴者からは「そうか…ギネス記録は厳しいか…でも夢をありがとうございます。(願わくば更新して欲しいです)」という声もあるだけに奮起を期待したい。

画像2、3枚目は『ギネス世界記録|書籍『ギネス世界記録2022』OUT NOW 2022年1月25日付Twitter「最後に、勇ましいお尻を」』『ひと目でわかる!!【公式】毎週火曜よる10時 2022年1月17日付Twitter「明日よる10時からの『#ひと目でわかる!!』は……」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)