オードリー春日から「人の悪口を聞いたことがない」 父親になった若林が考える“家庭環境の違い”

オードリー春日から「人の悪口を聞いたことがない」 父親になった若林が考える“家庭環境の違い”

オードリー春日から「人の悪口を聞いたことがない」 父親になった若林が考える“家庭環境の違い”の画像

2月5日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、第1子となる女児が誕生していたことを明らかにしたお笑いコンビ・オードリーの若林正恭(43)。オムツ替えをしたり、ミルクをあげたりと愛娘の世話が楽しくてしょうがない様子の若林だが、新生児であっても話しかけの言葉には注意するように妻から叱られたという。


若林正恭は妻の出産に立ち会い、1月18日朝に妻と娘を病院へ迎えに行き担当の医師らと記念写真を撮り、親子3人で帰宅したという。だが翌日に相方の春日俊彰(43)が発熱、PCR検査で陽性となり若林はこの時は陰性だったが濃厚接触者となる。「これは奥さん、子どもに感染させられない」と思った若林は、ホテル療養を希望するも叶わず、実家の2階で隔離生活を送ることとなった。1月22日には若林も新型コロナウイルスの感染が判明したことで結局、2週間を実家で過ごすことになり、カレンダーに×印を付けながら隔離期間が明けるのを心待ちにしていた。

父親になったことを報告した『オードリーのオールナイトニッポン』によると、隔離明けで娘と対面した時は大泣きされたようだがそれも落ち着き、今は抱っこしながら話しかけるのが若林は嬉しくてたまらない様子だ。しかし新生児なので喋ることが思い浮かばず、挨拶代わりにずっと「チョリース!」と言っていたところ妻からものすごく怒られたそうだ。「初めて喋る言葉が“チョリース”になるよ」と注意され、この時は「別にいいじゃん」と思ったが、12日深夜放送の同番組で若林は「確かにな」、「親の言葉って入ってくる」と反省したようだ。

赤ちゃんへの言葉がけの重要性を考えるようになった若林は、中学時代から付き合いのある春日の口から他人の悪口を聞いたことがないことに気付いたという。「で、思ったんだけど春日のお父さんとお母さんって、家で悪口言ってなかったんじゃない?」と問われた春日によると、母親はテレビを見ながら「なんか、この人嫌い」と理由もなく呟いていたが、確かに父親からはあまり聞いたことがないという。若林の母親も同じような感じだが、父親が家庭で人の悪口をメチャクチャ言っていたらしい。父親が誰のことを悪く言っているのかは分からなかったが、「誰かを罵倒している」ことは幼い若林にも伝わっていた。テレビで野球を見ていても解説者に文句を言っている父の姿を見て育った若林は「人の悪口を言う」ことに罪悪感はなく、それが当たり前の日常だったのだ。

幼少期からこのような家庭環境に育ったことでいろんな角度から物事を見るクセが備わり、芸人としてプラスになったのではないかと自己分析する若林正恭。ただ娘を授かった今、彼が思い描く父親像は自分の父親とは違っているのかもしれない。

画像2枚目は『オードリーのオールナイトニッポン 2022年2月13日付Twitter「オードリーのオールナイトニッポンお聴きいただきありがとうございました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)