横澤夏子、赤ちゃんを抱きながら残り物をかき込む姿に「自分かと思いました」と共感の声

横澤夏子、赤ちゃんを抱きながら残り物をかき込む姿に「自分かと思いました」と共感の声

横澤夏子、赤ちゃんを抱きながら残り物をかき込む姿に「自分かと思いました」と共感の声の画像

昨年10月に、第2子となる女児を出産したお笑いタレントの横澤夏子(31)。長女は2歳になったばかりでイヤイヤ期真っ盛り、次女はもうすぐ5か月と目の回るような忙しさであろうが、彼女はいつも明るくユーモラスにフォロワーを楽しませてくれる。特に育児関連の投稿は「うん、わかる!」といったような共感の声でいっぱいだ。


横澤夏子は昨年9月から産休に入り、10月に第2子を出産。今年2月12日放送の『王様のブランチ』(TBS系)で復帰し、番組冒頭でMCの佐藤栞里(31)から「なっちゃん、お帰りなさ〜い!」と挨拶され、「ありがとうございます! ちょっと子どもを生んでおりまして」と照れ笑いした。幼い2人の子育ては「もう、てんやわんや。こんなてんやわんやするものなの!?」と大変なことを明かし、長女も次女も顔は横澤にそっくりで家の中が“夏子だらけ”だとスタジオ内を笑わせていた。

そんな彼女の『横澤夏子 yokosawa_natsuko Instagram』では、日々の育児の様子が紹介されている。びっしり書き込まれた長女が通う保育園の連絡帳や、クリスマスケーキを予約し忘れて市販のロールケーキに海苔を切ってアンパンマンの顔にしたこと、保育園から帰ってきた長女が10秒で箱に入っていたおもちゃを全部出した部屋の様子など母親としての奮闘ぶりがうかがえる。2月27日には長女のリクエストに応えて、初めて作ったというアニメ『それいけ!アンパンマン』に登場するドキンちゃんのケーキを公開。その素晴らしい出来栄えにフォロワーだけでなく、先輩芸人のハリセンボン・近藤春菜(39)や友人の滝沢カレン(29)からも絶賛の声が届いていた。

3月1日のインスタグラムでは、次女を抱っこ紐で対面抱きをしながら横澤が何かを食べている姿が公開されている。「#上の子の残りのご飯を」「#下の子に器を押されながら食べてる図なのよー!」と、特に食べたかったわけではないが気が付けば口に運んでいたという。次女がグズらないうちに全部食べてしまおうと、横澤が必死にかき込んでいる状況がよく伝わる1枚だ。

コメント欄には「自分かと思いました。毎日お疲れ様です!」「分かる、分かりすぎる笑」「ママの実態を画像にさらけ出してくれてありがとう」「あるあるですよね。子供産まれてからご飯は胃になんか入れる作業になりました!」「ママって大変ですよねーもったいない精神」と、同じように乳幼児を育てている母親を中心に大きな反響を呼んでいる。

画像2、3枚目は『横澤夏子 2022年3月1日付Instagram「#上の子の残りのご飯を」、2022年2月27日付Instagram「#はじめてドキンちゃんのケーキ作ってみたのよー!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)