オードリー若林、のし紙の“出産祝い・山崎弘也”に感心「凄いしっかりしてる人」

オードリー若林、のし紙の“出産祝い・山崎弘也”に感心「凄いしっかりしてる人」

オードリー若林、のし紙の“出産祝い・山崎弘也”に感心「凄いしっかりしてる人」の画像

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、アンタッチャブルの山崎弘也から貰った出産祝いについてラジオ番組で語った。山崎とは10年ほど前にレギュラーとしてバラエティ番組で共演しているが、若林によるとテレビで見せる“テキトー男”といったイメージはなく、プライベートでは気配りのできる礼儀正しい人という。


山崎弘也と若林正恭、そしてバカリズムの3人は『日曜×芸人』(2012年4月〜2014年3月)でちょっと憂鬱な日曜夜の気分を吹き飛ばすべく、ゲストと一緒に“ポジティブになれるもの”を体験していた。3人ともMCだが、若林は進行兼いじられ役、山崎は盛り上げ役、バカリズムは見守り役のように分かれていた。

そんな同番組の2013年10月の放送で若林が突然、収録中に号泣したことがあった。他の出演者からは「今じゃないだろ!?」「ここで?」と不思議がられる状況だったが、「だんだん減らそう5連続チャレンジ!カロリーバイキング」という企画でスタッフの期待に応えられず、良い流れを自分が断ち切った形になってしまい涙ぐんでしまった。山崎とバカリズムが明らかに戸惑っていたので2人にも申し訳なくなり、メインカメラのテープチェンジのため休憩に入ると堪えきれずに若林は号泣してしまったのだ。「バラエティ番組!」とバカリズムから励まされたが、「テレビで初めて泣きました」とさらに大泣きする事態に。この収録の様子を語っていた当時の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「号泣した日は、ザキヤマさんが“一杯、行くか?”って」と誘ってくれたと明かしている。だが山崎は、飲みに行っても「なんで泣いたの?」と聞くことはなく「ただ面白い話をしているだけ」だった。「土壇場で優しいんだよなぁ、いつもあの人」と若林が嬉しそうに語っていたものだ。

2019年11月に若林が結婚した時は、事前に芸人仲間に報告するとボケられたり茶化されるのが多かったが、山崎は心から祝福してくれたという。2019年11月放送の『オードリーのオールナイトニッポン』によると、「おめでとう」「ありがとうね、電話してくれて。うん、そっか、そっか…」と喜んでくれたので、若林は思わず引っ越しも考えていることを伝えた。すると「不動屋さん、紹介しようか? 知り合いいるの?」と声をかけてくれたのでとても温かい気持ちになったそうだ。

それから2年以上が経った3月5日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』でのこと、若林は今年1月に生まれた長女の出産祝いをたくさん貰ったのだが、バタバタしていたこともあって誰から貰ったのかわからない袋が山のようになっており、出産内祝い(出産祝いのお返し)をするのに苦慮していることを明かした。「春日にも貰ってますよね」と若林が笑うと、「プロジェクターを贈ったでしょ! ここで」と春日俊彰が声を張り上げた。するとここでも山崎の話になり、「ザキヤマさんのだけは分かる。しっかり綺麗なのしの“出産祝い 山崎弘也”って書いてあった」らしい。春日によると、自分がもらった時に山崎は住所も書いてあったという。「営業妨害になっちゃうけどね、凄いしっかりしてて」と、山崎の礼儀正しい一面をオードリーは教えてくれた。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)