小林麻耶、「謝罪する」とブログに書かない市川海老蔵にイライラ 「妄想夫婦!」「嘘つき」の声に疲弊

小林麻耶、「謝罪する」とブログに書かない市川海老蔵にイライラ 「妄想夫婦!」「嘘つき」の声に疲弊

小林麻耶、「謝罪する」とブログに書かない市川海老蔵にイライラ 「妄想夫婦!」「嘘つき」の声に疲弊の画像

フリーアナウンサーの小林麻耶が、「自分と元夫である國光吟さんに直接会って謝罪する」意思があることを義弟にあたる歌舞伎俳優・市川海老蔵が自身のブログで認めるよう要求している件で、4月5日のブログで現在の状況を説明した。海老蔵はこれまで小林らがブログやYouTube(現在は削除済み)で自分を批判していることに対しても、ブログを含めて公の場で一切コメントしていない。


小林麻耶は3月30日のブログで、自分たちが何を目的としているのかを箇条書きにして説明している。

1.おかえり、のブログで私に誹謗中傷にまであわせたことを直接謝ること
2.おかえり、のブログで海老蔵とは関係ないあきら君の離婚まで示唆したことをあきら君に頭を下げて謝ること
3.おかえり、のブログで応援してくれてきた愛有る読者のことを欺いたことをブログで謝ること

小林が指している「おかえり」という市川海老蔵のブログは、昨年10月29日に投稿されたもので「本当に、おかえりなさい、色々あったけれど関係ない」、「二人にとって待ちに待った日きたね、よかった、本当に、よかった」と記しており、海老蔵の2人の子供と小林が一緒に外食をしている写真も掲載されている。この投稿はすぐにネットニュースになり、「(小林の)離婚発表もそろそろかな、朗報だ」「夫の洗脳が解けた?」「子供たちはずっと会いたかっただろうから、本当に良かった」といった世間の声が多く見受けられた。しかし翌11月になると『週刊文春』が小林と國光吟さんが仲睦まじく並んで歩く姿を掲載したことから、小林のもとには「まだ離婚していなかったのか!」「海老蔵さんを裏切ったの?」などと激しい抗議が多数寄せられたという。

この点について小林は、3月24日のブログで「おかえり、のブログで勝手に人の離婚を示唆」、「まるで姪甥と初めて再会したかのように書いているが、この日が初めての再会ではありません」と記している。さらに小林と國光さんが離婚したのは昨年の4月だが、彼女がこの事実を発表しようとした時、海老蔵から止められたという。彼の指示に従い離婚したことを黙っていたのに、自分たちに相談もなくブログのネタにされ、海老蔵ファンから責められていると小林と國光さんは非常に怒っているのだ。

そして4月5日、「海老蔵との件 現在の状況」と題してブログを更新した小林は、改めて「(おかえり)ブログの件は別の機会にきちんと謝罪して欲しいと伝えてあり、先方も了承している」と述べている。だが海老蔵が未だこの騒ぎについて沈黙しているため、彼のファンから「嘘ツキ夫婦! 妄想夫婦! この世からいなくなれ! 海老蔵さんがおめえらに謝るハズがないだろ!」などとかなり過激なコメントが届いていることから、「“お詫びの連絡は本当だから麻耶ちゃんや吟さんにこれ以上迷惑をかけないでくれ”と(ブログに)書いて欲しい」と頼んだそうだ。しかし海老蔵から何の音沙汰も無く、ブログも普段通りの日常を綴った内容が続いている。すると日増しに自分たちを非難するコメントが増え続け、内容も「敗北者! 消えろ! 土下座して海老蔵さんに謝れ!」「海老蔵さんが何も言わないという事が答えなんだよ!」とさらにヒートアップしているようなのだ。

5年前も妹の麻央さんが亡くなってから「市川海老蔵、姉の麻耶と再婚か」と報道され、自分の声だけでは力が無いため海老蔵にもブログで否定するように再三頼んだが、反応が無かったという。この時も彼女を罵るコメントが多数寄せられ、大変辛かったそうである。

4月に入ってから小林と元夫のブログは“愛”と“スピリチュアル”を謳う内容ばかりだったが、3日になると“海老蔵”と呼び捨てで彼を批判するブログが再開された。小林の4月のブログ記事はリブログを含め110件を超え、「芸能人・有名人」総合ランキング第1位が続いている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)