松下洸平、綾瀬はるかに似合う色は「真っ白」 母親に贈る服は「白は絶対ダメ」

松下洸平、綾瀬はるかに似合う色は「真っ白」 母親に贈る服は「白は絶対ダメ」

松下洸平、綾瀬はるかに似合う色は「真っ白」 母親に贈る服は「白は絶対ダメ」の画像

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』(2019年後期)で注目を集め、その後も出演作が続く俳優・松下洸平(35)。21日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『やんごとなき一族』にも出演するが、その松下が18日、都内ユニクロ銀座店で開催された「LifeColors」キャンペーン発表会に登場した。自身は青が好きだという松下が、女優・綾瀬はるかに似合う色、そして母親に贈りたい服の色について語った。


私服では「モノトーンというかあまり主張のない色が多い」という松下洸平。「今回ポスター撮りでいろいろな色を着させていただいてアリだなと思いました。自分の気分がすごく変わるというか、明るくなりますし、楽しかったです」と振り返った。「オレンジのTシャツも自分ではなかなか選ばないと思っていましたが、気分が上がる」と気に入ったようで、「全身白もプライベートでも試してみたいですね。自然の多い場所で散歩したいですね」と新たなコーディネートに積極的だ。

メイキング映像ではスペシャルアンバサダーの綾瀬はるかが私服について「黒とか紺とかそういう色が多いので、明るめの色にチャレンジしたい」と語った。続けて松下洸平に似合いそうな色を聞かれると自身が着ていたクリーム色がかった柔らかい黄色を指して「この色も合いそう。青? 緑? 白…。この色にしておきます。黄色。やっぱり青にしよう」と迷いながらも最終的には青を選択。これを観た松下は「(青は)一番好きな色なんですよ」と喜んで、逆に綾瀬に似合いそうな色について「どんな色でもお似合いになると思うんですけど、透明感があって、いつもにこにこ笑顔でいてくれる方なので、白じゃないですか? 真っ白」と断言した。

しかし来月の母の日に母親に贈りたい服の色を聞かれると、松下は逆に「白は絶対ダメですね」とのこと。というのも「母は絵を描くんですよね。いつ会っても服に絵の具が付いてるんですよ。なので絵の具が付いても目立たない色の服。白以外」と綾瀬とは真逆の色を選んだ。画家であるだけでなく、実はボディビルダーでもある松下の母親。松下もその血筋なのか俳優だけでなく絵画も得意だ。

発表会では自身が好きだという青系の色をチョイスし、「憧れブルー」と命名、そこにサインを書き入れた。「もともと南の島とか綺麗な海が好き。いつかニューカレドニアとかバハマとかで見たことがないようなコバルトブルーの海が見れたらいいなと思っています。その色が大好き」とコメントした。

同日から放映される新TVCMに出演している松下洸平。「本当にカラフルなCMで見ていてワクワクしますし、僕がいつ登場するか注目してご覧になっていただきたいです」と見どころを語った松下だが、同CMの松下出演シーンは都内銀座の店舗「ユニクロ TOKYO」の前で撮影したそうだ。「次回は(ダンスの)輪の中に入りたいですね」と希望していた。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連記事(外部サイト)