松本人志、浜田雅功が久々に披露した“パワーワード”をナイスフォロー「このご時世に凄いこと言うね」

松本人志、浜田雅功が久々に披露した“パワーワード”をナイスフォロー「このご時世に凄いこと言うね」

松本人志、浜田雅功が久々に披露した“パワーワード”をナイスフォロー「このご時世に凄いこと言うね」の画像

先日の大阪・なんばグランド花月(NGK)にて開催された吉本興業110周年特別公演『伝説の一日』で31年ぶりに漫才を披露して注目を集めたダウンタウン(松本人志、浜田雅功)だが、絶妙なコンビネーションを保ち続ける秘訣は何だろうか。4月21日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ、日本テレビ系)ではテンポのよいトークを繰り広げてその片鱗を覗かせる一幕があった。


松本人志は以前に『ダウンタウンDX』の内情を「2本撮りは本当にキツイ」と話したことがある。このたびのオンエアではコンビで登場する冒頭から「どーもー、こんばんはー」と松本が声を張るので、浜田雅功が「今日は2回ともやけど、えらい元気に出てくるね」と怪訝そうにしたところ「ボク、デビューしてからずっとこんな感じ…ふてくされて出てくるよりいいじゃないですか」とボケていた。それだけやりとりしながら、ゲストの「7人の怒れる奥様」たちが前室でほとんどしゃべらない様子を描写して「ギスギスした感じだったけど大丈夫か?」と繋げるための前フリだった。

『伝説の一日』でダウンタウンの漫才を見た芸人たちはそれぞれ感動を語っている。石田明(NON STYLE)は「松本さんが有利な状況を作っているのに、浜田さんがちゃんと勝つときは勝つ」とコンビのパワーバランスに舌を巻けば、落語家でお笑い芸人の月亭方正はインタビューを受けて「ストロングスタイルで何の逃げ道も作らずかっこええなぁ」と唸っていた。このたびの『ダウンタウンDX』ではまさに「パワーバランス」と「ストロングスタイル」を思わせる掛け合いで見せ場を作った。

女優の北原里英に夫の俳優・笠原秀幸から寄せられたクレームを浜田が紹介した時のことだ。「里英ちゃんは服が多くて本当に困っています…服で埋め尽くされクローゼットが閉まりません。着ない服を処分してください! 死ねばいいのに」と読み上げた。最後の一言は浜田のアドリブである。スタジオが爆笑に包まれるなか当の北原は目を丸くしていたが、松本に「旦那さん、このご時世に凄いこと言うね」とダメ押しされて逆に落ち着きを取り戻し「あぶない、あぶない」とようやくリアクションできた。

数年前までは浜田がゲストに対するメッセージを紹介する時にしばしば「死ねばいいのに」を付け加えていたものだ。久々に披露したわけだが、絶妙なタイミングでフォローした松本のコメントにもコンプライアンス問題を皮肉るセンスがうかがわれた。Twitter上では「唐突な浜ちゃんの『死ねばいいのに』で笑った、怖すぎるw」、「この番組で久しぶりに聞いたよ」、「浜ちゃんの死ねばいいのに、好き」、「めっちゃウケた」などの反響があり、視聴者も渾身の“パワーワード”を楽しめたようだ。これはほんの一例に過ぎないがダウンタウンはバラエティ番組に出続けることでお笑いの勘を鍛えているのかもしれない。

画像2枚目は『北原里英 2022年4月21日付Twitter「今日の22時から読売テレビ ダウンタウンDXに出演します」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)