さらば森田、吉本芸人には“独立を勧めない”理由「宮迫さんとか…」

さらば森田、吉本芸人には“独立を勧めない”理由「宮迫さんとか…」

さらば森田、吉本芸人には“独立を勧めない”理由「宮迫さんとか…」の画像

元テレビ東京社員で『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』を手がける佐久間宣行プロデューサーのラジオ番組に、お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢がゲスト出演した。松竹芸能を退所してから9年、個人事務所「ザ・森東」の代表取締役社長とお笑い芸人としての活動を両立している彼に、フリーになる相談を持ちかける同業者は意外と多いらしい。


4月20日深夜放送のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で森田哲矢は、まず芸人がフリーで活動する場合「マネージャーがいないと、たぶんもう成立しない」と明かした。さらば青春の光を支えるマネージャーは元松竹芸能の芸人で、「ザ・森東」の経理やマネージャー業務を一手に引き受けている。特にテレビよりも営業のギャラ交渉は難しいようで、今までの経験から「タレントがやるもんじゃないな」と思っているという。佐久間宣行プロデューサーは『ゴッドタン』によく起用している男女お笑いコンビ・ラランドにも、優秀なマネージャーがついていると話す。ラランドは大学のお笑いサークル時代にコンビを組んでから、一度も芸能事務所に所属していない。コンビを組んでから7年後の昨年3月に個人事務所を設立し、大学時代からの知り合いでありホリプロで俳優のマネージャーをしていた男性が仕事の受注やスケジュール管理などマネージメント業務全般を担っている。

今では森田に「フリーになってどうなんですか?」と世間話的なものではなく、「ちょっともう、やめようと思うんですけど」と独立を考えている芸人からの相談があるらしい。これまでの苦労を考えると安易に後押しはできないものの、話を聞いて「自分たちがそれで行けると思うなら、いいんじゃない?」とアドバイスする場合もあるが、吉本所属の芸人だけにはフリーになることを止めるという。すると「吉本はまあ、言える範囲でいいけど…なんで独立をお勧めしないの?」と佐久間プロデューサーが問うも、森田は「やっぱり、なんていうか、う〜ん」と珍しく口ごもる。やっと出てきた言葉は「宮迫さんとか…」で、彼の現状を見ると厳しいものがあると感じているようだ。

森田も退所時にはゴタゴタし「これ以上彼らの芸能活動を支えることが不可能と判断した」と専属契約の解除を松竹芸能から発表されたため、他の事務所への移籍も叶わなかった。個人事務所設立後もなかなか仕事が増えず、また相方・東ブクロの女性スキャンダルが影響し、不遇の時代が長く続いた。「結局、別に吉本だろうがどこだろうが、たぶん辞め方やと思うんですよね」と森田は振り返り、どんな人気芸人であっても所属事務所と揉めての独立はその後の活動に大きな支障をきたすと強調した。“前事務所から円満退所”と“有能なマネージャーの存在”が、フリーになる芸人の成功の鍵と言えそうだ。

画像は『佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 2022年4月21日付Twitter「【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】お聴きいただきありがとうございました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)