「ダチョウの中で1番いいやつだったのに…」南部虎弾が上島竜兵さんを追悼 2019年には新旧ダチョウ倶楽部で共演も

「ダチョウの中で1番いいやつだったのに…」南部虎弾が上島竜兵さんを追悼 2019年には新旧ダチョウ倶楽部で共演も

「ダチョウの中で1番いいやつだったのに…」南部虎弾が上島竜兵さんを追悼 2019年には新旧ダチョウ倶楽部で共演もの画像

過激なパフォーマンスで知られる「電撃ネットワーク」の一員でデビュー当初はダチョウ倶楽部のリーダーだった南部虎弾(70)が、11日に死去したダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(61)へ追悼の言葉をツイッターで述べている。3年ほど前に久しぶりにテレビで共演し、ダチョウ倶楽部の2代目リーダー・肥後克広(59)を交えた3ショットをSNSで公開した時は「ダチョウさんも電撃さんも世代だったから、この写真はエモーショナルすぎて泣ける…」などファンは大感激していたものだ。


上島竜兵さんは11日未明、東京都中野区の自宅から救急搬送されたが、午前1時ごろに搬送先の病院で死亡が確認されたという。所属事務所は「亡くなったことは確認が取れました。それ以上のことは今わかりませんが、呆然としています」とコメントしている。

南部虎弾は上島さんが亡くなったことを受け、同日午前11時39分にツイッターを更新。「あまりのことに、言葉も出ません、、嘘だろ?? 辛い!」、「ダチョウの中で一番いいやつだったのに、、、苦しかったのかな? 今となっては、、」と上島さんへの思いを募らせ、お悔やみの言葉を伝えた。

2021年12月11日公開のYouTubeチャンネル『街録ch〜あなたの人生、教えて下さい〜』に出演した南部によると、そもそも「ダチョウ倶楽部」というグループ名は彼が付けたそうだ。当時『ひょうきん予備校』(1986年10月〜1987年9月)にダチョウ倶楽部として4人で出演した際、彼はなんとか結果を残そうと講師として来た大先輩らに次々と失礼な質問をぶつけたという。

たとえばタモリには「タモリさんって最近、お笑いらしいことやってないのに、“お笑いの帝王”って呼ばれるのおかしくないですか?」と聞いたところ、「君、面白い質問するね、どこの事務所?」と南部に興味を示してくれたのだ。「タモリさんは許してくれた!」と南部は喜び、同番組のプロデューサーにも「どんどん失礼な質問やったほうが良いから」と背中を押され、別の講師にもあけすけな質問をぶつけた。するとタモリ以外の講師役を務めた映画監督や大物タレントは大激怒、ダチョウ倶楽部のほかの3人は南部のそんな芸風について行けず尻込み状態だった。

南部は「この頃から彼らと亀裂が入ったんじゃないかな」と言い、ある日テレビを見てたら3人だけが番組に出ていたので慌ててマネージャーに連絡を入れ「すみません! スケジュール間違えたみたいで」と謝ると、「いいんだよ、この次からそういうことになったので」と言われ、この時に初めて自分がクビになったことを知ったそうだ。

そんな南部と肥後克広、そして上島さんが共演したのが、2019年8月6日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)“苦しむ芸能人2時間SP”で、重度の糖尿病と診断され足切断の危機があった南部が、妻をドナーとして生体腎臓移植手術を受けた体験が紹介され、スタジオで3人が再会を果たしたのだ。この時テレビ局の廊下で撮ったスリーショットが『南部虎弾(nanbutorata)ツイッター』に投稿されているが、上島さんは本当に嬉しそうでリプライ欄でも「いい笑顔だ!! 上島さんなんて最高の笑顔」「うわっ、懐かしい…」「胸熱過ぎます」と感動の声が多数見受けられた。次は寺門ジモン(59)も入れて4人で―と期待する声もあったが、もう叶わぬ夢となってしまった。

画像2枚目は『南部虎弾 2019年7月31日付Twitter「8月6日放送 日本テレビ『世界仰天ニュース』 大変だった模様が描かれています。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)