『M-1』審査員引退を宣言したオール巨人、自ら後任を思案「爆笑を取ってる彼女が良いかなぁ~」

『M-1』審査員引退を宣言したオール巨人、自ら後任を思案「爆笑を取ってる彼女が良いかなぁ~」

『M-1』審査員引退を宣言したオール巨人、自ら後任を思案「爆笑を取ってる彼女が良いかなぁ~」の画像

『M-1グランプリ』の審査員を2007年から2021年までに9回務めたオール巨人。1月2日にブログで「今回をもちまして卒業とさせて頂きます」と発表して、ともに審査員を担当してきた上沼恵美子についても「今年でラストイヤーという約束をしました」と触れていた。2月8日には自身の去就を「今年も審査員やって下さいって言われましたが…もうこれは決めてますので!」と明言しており、意志は固いようだ。ネットで後任候補を憶測する声が飛びかうなか、このほど当のオール巨人が言及して読者の関心を集めた。


2021年に『M-1』審査員を務めたのはオール巨人、上沼恵美子、松本人志(ダウンタウン)、中川家・礼二、立川志らく、富澤たけし(サンドウィッチマン)、塙宣之(ナイツ)だ。2001年から15回担当している松本人志に次いで長い重鎮2人の卒業は寂しくもある一方、後任が誰になるか興味深い。そんななかオール巨人が5月15日にブログで「僕の背後に誰か居てる」と人影が映り込んだ写真を投稿して、「M-1の審査員はお茶目で 劇場でも爆笑を取ってる 彼女が良いかなぁ~」とほのめかした。

ちなみに姉妹の漫才コンビ・海原やすよ ともこは冠番組『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ)で『M-1』審査員をゲストに呼ぶことが度々ある。2020年10月にはナイツ・塙宣之と審査員のギャラについて盛り上がれば、やすともが中川家・礼二から『M-1』を終えて「どうやった? 優勝はあれでよかったと思う?」とメールが届くことを明かしていた。また今年2月にはサンドウィッチマンをゲストに迎え、富澤たけしから「審査員はやらないんですか?」と聞かれる一幕があった。そんな立場だけに『M-1』審査員候補として名前が出ることが少なくない。

このほどオール巨人がブログで「M-1の審査員は…彼女が良いかなぁ~」と思案したところ、ピースサインする人影の輪郭で察しがついたのだろう。読者から「海原やすよ ともこのお姉さんのともこさん TV番組で中川家のお二人との旅番組見たことありますよ。漫才もおもしろいお二人」、「ともこさんですね」、「賛成~」と反響があった。ただ「M-1とか、無理矢理売り出さなくて、漫才番組から自然に面白いヤツ出てくるようにできませんか?」という意見も寄せられており、オール巨人も思案することが増えそうだ。

画像2、3枚目は『オール巨人 2022年5月15日付オフィシャルブログ「土曜日の朝。」』『海原 やすよ 2022年1月19日付Instagram「先日の「いたって真剣」収録ではサンドさんとトーク」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)