ハライチ澤部、人生で一番のモテ期ショット披露 20kgスリムな中学時代は「先輩からも後輩からも告白」

ハライチ澤部、人生で一番のモテ期ショット披露 20kgスリムな中学時代は「先輩からも後輩からも告白」

ハライチ澤部、人生で一番のモテ期ショット披露 20kgスリムな中学時代は「先輩からも後輩からも告白」の画像

お笑いコンビ・ハライチの澤部佑と女優・見上愛が23日、「第89回 日本ダービーPR発表会」に登場した。そこで澤部が中学時代の自分について「本当にめちゃくちゃモテた」とモテエピソードを語った。体重も現在より20キロ痩せていたという。


発表会には見上愛が等身大の馬像にまたがり、それをハライチの澤部佑とJRAマスコットキャラクター「ターフィー」が誘導する形で登場。見上は騎手の勝負服を着用していたが「すごくかっこいい衣装をわざわざ作っていただいた。このまま私もレースに出られるんじゃないかと思うぐらい」と満面の笑みだ。以前に本物の馬に乗ったことがあるそうだが、今回は「本物より安定感がありました」と言うと、澤部が「動かないからね」と続けた。見上は2022年のJRA年間プロモーションキャラクターを女優・長澤まさみと務めていて、澤部はその見上と競馬の魅力を伝えるバラエティ番組『赤坂ケイバ探偵』(TBS系)で共演している間柄だ。

29日に3歳馬の頂点を決める競馬の祭典「第89回 日本ダービー」が東京競馬場で開催される。見上が長澤と出演しているTVCMでは安室奈美恵の楽曲『Hero』に乗せて「HERO IS COMING.」のキャッチフレーズが使われているが、そこで見上と澤部が「自身がHEROだった瞬間」を写真とトークで披露した。

見上愛はHEROカード風にアレンジされた「高校3年生の文化祭の写真」を披露したが、バンドを組んでギターとボーカルを担当していたそうで「女子高なので後輩の女の子たちがすごい盛り上がってキャーキャー言っていただいてました」と微笑んだ。

続く澤部佑が「いやぁ、出ちゃったな! 皆さん写真撮ってください。澤部のHERO写真です!」と得意気に紹介したのは、「中学生3年生でバスケ部の副キャプテンのとき」だという。澤部はタンクトップのユニフォーム姿で胸には「Haraici」と書かれ、背番号は5だ。ちなみに「ハライチ」というコンビ名は澤部と相方・岩井勇気の出身地・埼玉県上尾市原市から命名したそうだ。澤部はやはり坊主頭だが、身体つきは今とは違い「このときは(体重)60キロちょっと。20キロぐらい痩せてましたね」と明かして、「眉毛も細くしてね。モテましたね。人生で一番モテた」という。「本当にめちゃくちゃモテた。中学2年のときなんて先輩からも後輩からも告白された」とモテエピソードを披露したが、高校デビューに失敗したことから状況は変わってしまったそうだ。

発表会では簡単な質問に3問答えると自分にぴったりなHERO(馬)が分かる「日本ダービーHERO診断」を体験した澤部と見上。「あなたの恋愛は情熱的かクールか」という問いに澤部は「クール」と回答した。モテ期には恋愛に多少情熱的だったという澤部は「自分に自信があったんでしょうね」と自己分析。しかし高校生になると全く自信がなくなり、恋愛にも奥手に。現在の妻との恋愛についても「クールですね。最終的なアプローチも妻からなので」と振り返った。

診断で自分にぴったりなHERO(馬)は見上は「シンザン」、澤部は「シンボリルドルフ」という結果になり、今年4月にフリーアナウンサーになった元フジテレビの福原直英アナウンサーが両名馬について熱く解説した。この結果に喜んだ澤部は、嫌なことも「シンボリルドルフを思い浮かべれば乗り越えられる」と心の支えにして、「週末に新たなHEROが生まれる瞬間を目撃したい」と胸を踊らせていた。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連記事(外部サイト)