渡辺正行『ラヴィット!』降臨にネット騒然 「66歳でコーラ早飲み」「リーダーの“待たせたな!”は初めて」

渡辺正行『ラヴィット!』降臨にネット騒然 「66歳でコーラ早飲み」「リーダーの“待たせたな!”は初めて」

渡辺正行『ラヴィット!』降臨にネット騒然 「66歳でコーラ早飲み」「リーダーの“待たせたな!”は初めて」の画像

25日放送の朝の情報バラエティ『ラヴィット!』(TBS系)のオープニングコーナーに、お笑いタレントの渡辺正行(66)が初出演し、特技である「コーラの一気飲み」を生披露した。渡辺がレギュラー出演していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系、1985年4月〜1989年9月に出演)では一般人とコーラの早飲み対決するコーナーがあったほど、一世を風靡した彼の伝統芸ある。久々の生放送での披露にスタジオ出演者だけでなく、ネット上も大いに盛り上がっていた。


事の発端は18日放送の『ラヴィット!』のオープニングトークのテーマ“オススメの速いもの”で、アンタッチャブルの柴田英嗣(46)が渡辺正行の「コーラの一気飲み」を紹介。2003年に撮影された映像が流れ、渡辺は瓶入りのコーラを4秒03で飲み干していた。ちなみに渡辺を恩人と慕うオードリーの春日俊彰(43)がこの日スタジオにゲストとして出演しており、「コーラの一気飲み」に挑戦したが5秒ほどでむせてしまい、リタイアする結果となった。この後、さらば青春の光の森田哲矢(40)が視聴者プレゼントの応募に必要なキーワードを、「#来週ついに渡辺リーダー、降臨」と発表。MCの麒麟・川島明(43)によると、森田がボケで勝手に書いたことだったが、番組スタッフがすぐ渡辺側に出演オファーを出して実現となったのだ。

渡辺がスタジオに姿を現すと、座っていたレギュラー陣は立ち上がり拍手で迎えた。オードリー春日の「待たせたな!」しか見たことがない―という日向坂46の富田鈴花(21)は、元祖の登場に感激している。1人で一気飲みするより、早飲み対決をした方が面白いからと、渡辺は対戦相手として見取り図の盛山晋太郎(36)を指名した。計測の手違いでコーラを2本分一気飲みさせられたが、60代半ば過ぎてもやはり渡辺は強い。2本目は4秒23で飲みきり、途中でむせてしまった盛山は完敗であった。そして渡辺は今年1月に発売した自著と出演する舞台の宣伝をすると、「もう終わり? それではまた」とあっさり去っていった。

この渡辺の予告なしの登場に、ネットも大騒ぎとなった。「まさか本当に渡辺リーダーがラヴィットに出てくれるなんて」「嵐のように10分間で去っていった渡辺リーダー」「コーラ一気飲みを久しぶりに見て驚いた。5秒弱で飲んじゃうなんて。当時と変わらないな」「マジで渡辺リーダー降臨w スタッフのフットワークの軽さが素晴らしい」、そして「初めて本物の“待たせたな”が聞けた」と富田と同じく感動したという声が見受けられた。このように「えっ、あの人が!?」と驚く意外なお笑いタレントや芸人を、実際に呼んでしまうのが『ラヴィット!』である。正式に出演オファーをしたものの、スケジュールが合わず断念したという江頭2:50もぜひ、スタジオに呼んで欲しいものである。

画像は『渡辺正行 2022年1月25日付オフィシャルブログ「66歳になりました!!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)