空気階段・水川かたまり、グラビア撮影でエスカレートする要求に「それは止めましょう」

空気階段・水川かたまり、グラビア撮影でエスカレートする要求に「それは止めましょう」

空気階段・水川かたまり、グラビア撮影でエスカレートする要求に「それは止めましょう」の画像

お笑いコンビ・空気階段の水川かたまりは、昨年9月発売の雑誌『anan』(2268号)に登場すると『anan_Beauty+』公式インスタグラムで「麗しビジュを炸裂」と紹介されたほどルックスに定評がある。6月6日深夜放送のラジオ番組『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)で昨年11月に制作決定した番組公式本の進捗状況に触れたところ、「水川かたまりビジュ爆発グラビア」の撮影が行われたという。ただしかつての人気コーナー“チン食べ”を思わせる内容を聞いて相方の鈴木もぐらが「匂わせがひどいよ」と呆れたほどで、どうやらスタッフやカメラマンが悪ノリしすぎたらしい。


2019年2月にスタートしたBL風コーナー「チンして、食べて」は、水川かたまりが「食べて貰いたい」と願いを込めて作った特製カレーを持ち込んだ“相方カレー事件”がきっかけとなった。水川から鈴木もぐらに宛てた手紙をリスナーに考えてもらう企画は“チン食べ”の愛称で親しまれたが、惜しまれつつ終了した。このほど番組公式本に向けてグラビアページの案を募集したところ“チン食べ”ファンからの声が採用されており、グラビアの撮影現場にいたスタッフやカメラマンまで「チン食べ勢」だったという。撮影はぶかぶかなサイズのシャツを着てベッドに横たわると、枕元にカレーが置いてあるという感じで随所に“チン食べ”を匂わせていたそうだ。

連続ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系、2021年1月期)で脚本の一部を手掛けた水川かたまり。今年は『メタモルフォーゼの縁側』の実写映画化(6月17日公開)にともない、動画配信サービスHuluでオリジナルドラマとして実写化することになったBLマンガ『君のことだけ見ていたい』の脚本を執筆して話題になった。

BL絡みの仕事に縁があるのは、“チン食べ”が盛り上がったからかもしれない。それでもこのたびのグラビア撮影は、その水川さえ引いてしまうほど暴走したようである。始めはワイシャツを着たりしていたが、後半になると服を脱いでボクサーパンツ1枚の状態になり「つばのない帽子を被ってください」など注文が増えた。水川も仕事なのでその通りにポーズをとっていたが、「首輪をつけて四つん這いになろう」と言われた時はさすがに「それは止めましょう」と断ったという。

ちなみに鈴木もぐらは相方から話を聞いて「本屋で立ち読みしにくいわ」とこぼしていたが、水川かたまりによると「袋とじになることが決定」したため価格に反映するらしい。「200円、値段が上がりました。すみません」と恐縮していた。

画像は『空気階段の踊り場(TBSラジオ) 2022年5月30日付Twitter「踊り場本取材からの収録終わりました。」、2022年6月4日付Twitter「もぐらがクズ友とパチンコしてる中、」』『anan_Beauty+ 2021年10月2日付Instagram「発売中の #anan 2268号」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)