上戸彩、うどんの見事な食べっぷり披露 CM撮影後「食べ足りなくて…」とある行動に

上戸彩、うどんの見事な食べっぷり披露 CM撮影後「食べ足りなくて…」とある行動に

上戸彩、うどんの見事な食べっぷり披露 CM撮影後「食べ足りなくて…」とある行動にの画像

女優・上戸彩(36)が14日、都内で開催された「丸亀製麺 ブランドアンバサダー就任・新CM発表会」に出席した。このイベントで上戸はうどんの食べ比べをしたり、CM撮影の裏話を明かしたが、見事な食べっぷりと意外なエピソードで会場を盛り上げた。


このたび丸亀製麺ブランドアンバサダーに就任した上戸彩。自身の名前も刻印された特大桶を贈呈されると、上戸は満面の笑みを見せた。「持ち帰っていいということでリアルに家で使わせていただきます。これはいろいろ使えますね。ひな祭りとかね」とちらし寿司を作る仕草をしてから「うどんも入れましょう」と続けた。上戸にはEXILE HIROとの間に第1子の女児と第2子の男児がいるが、大きな桶からひな祭りを連想したようだ。

丸亀製麺については「出遅れファンなんですよ。周りのみんなはもう通っていて『なんで連れて行ってくれなかったの?』と思っています」と嘆いた上戸。今回2本のCMを2日間で撮影したそうだ。CM撮影時には何テイクも重ねるうちに出演者はお腹がいっぱいになって苦労するという話をしばしば聞くが、上戸の場合はこの逆だったようで「私個人的にはもっとたくさん食べたかったんですけど、あまりにもスムーズに撮影が進むもので。基本的に1テイクでOKだったので、食べ足りなくて帰りに丸亀に寄って食べて帰る2日間でした」と珍しいエピソードを明かした。

さらに発表会では世界にたった1人しかいない「麺匠」の肩書きを持つ丸亀製麺の藤本智美さんが登場。上戸は藤本さんのレクチャーを受けながら、麺を冷水でしめずにモチモチ感や小麦の香りや甘みを楽しむ「釜揚げうどん」と、冷水でしっかりしめて弾力あるコシを味わう「ぶっかけうどん(冷)」を食べ比べした。「いただきます」と上戸は太めの麺を一度に2、3本、ズズーッ、ズズーッ、ズズーッと勢い良くすすって「最高!」と笑顔。CM撮影の前日には「上手に食べられるかな?」「すすれるかな?」と緊張したというが、そんなことは一切思わせない見事な食べっぷりだ。イベントの進行上、食べるのをやめた上戸は「ここで中断でしょ? またお店に行きたくなりました。食べ足りないんですよ」と今回も残念そうに箸を置いた。

上戸は薬味をたくさん入れて食べるのが好きだそうで「薬味泥棒だと思います」と言い、「子供2人連れて行ったり」「お店だと家族みんなで食べられるサイズもあるので、みんなで分け合う楽しみもありますよね」と家族で楽しむこともあるという。「トッピングもたくさんありますし、皆さんそれぞれの食べ方で美味しいうどんをその日の気分で見つけて欲しいなと思います」と呼びかけた上戸は「私もまだまだ通います」と力強く宣言した。

丸亀製麺ではこれからも手づくりのうどんの美味しさで感動してもらいたいという想いから「うどんであなたを、驚かせたい」を新たなブランドのコンセプトに。上戸彩が出演する新CM「うどんで、あなたを驚かせたい宣言篇」と「夏は、これです!鬼おろし肉ぶっかけ篇」は翌15日から放映される。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連記事(外部サイト)