デヴィ夫人、対面したエリザベス女王は「辺りを払うような威厳」、ダイアナ妃は「スラッとしてはつらつ」

デヴィ夫人、対面したエリザベス女王は「辺りを払うような威厳」、ダイアナ妃は「スラッとしてはつらつ」

デヴィ夫人、対面したエリザベス女王は「辺りを払うような威厳」、ダイアナ妃は「スラッとしてはつらつ」の画像

インドネシアのスカルノ元大統領夫人でタレントのデヴィ夫人(82)が16日、都内で実施された映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』(6月17日公開)のトークイベントに出席した。そこでデヴィ夫人はエリザベス女王や故ダイアナ妃に対面したときを思い起こして、それぞれの印象を語った。


頭にはティアラを着けてゴージャスな衣装で登場したデヴィ夫人。司会を務めた元テレビ朝日アナウンサーでタレントの竹内由恵がそのセレブリティな装いを絶賛すると「ネックレスもイヤリングも本物のダイヤです。ドレスも含めてすべて自前です」と明かしたデヴィ夫人。

同作は世界でもっとも有名な女性とも言える、英国君主エリザベス2世の初の長編ドキュメンタリー。一足先に同作を鑑賞したデヴィ夫人は「今年在位70周年という女王の生涯を通して世界の歴史の流れが分かる映画でした。普段見られないエリザベス女王の姿を拝見することができて感銘を受けました」とコメントした。

デヴィ夫人は、そのエリザベス女王とかつて対面したことがあるという。「アスコットに競馬場がありまして、エリザベス女王や皇室の方々のいるスペースに招かれてご挨拶したことがあります」と思い起こして、「エリザベス女王は肌のお色が白くて瞳はブルーアイ。まさに英国美人という感じですね。私がお会いした頃はちょっとお年を召していらっしゃいましたが、辺りを払うような威厳がありますから、全く他の方とは違います」と印象を述べた。

さらに離婚前のダイアナ妃ともニューヨークのパーティーで対面したことがあるそうで「美しい方であり、あまりの背の高さに驚きました。スラッとしてはつらつとしていてきびきびしている。世界中を虜にした愛らしい方でした」と振り返った。また「ダイアナ妃は世界のアイドルでしたから、ダイアナ妃が表紙になるとその本は完売してしまう。それが何年間も何年間も続きました」とダイアナ妃の人気ぶりに触れたデヴィ夫人。ダイアナ妃は1997年に交通事故で急逝したが、デヴィ夫人は「世界で一番愛されていたダイアナ妃の死に対して英王室はあまりに冷たいのではないか。離婚の原因がチャールズ王子のカミラさんとの浮気ではないかと(発言ママ)。しかも死後5日間半旗が掲げられなかったんですね。それに対して英国民が非常に怒って、それをなだめるかのごとくエリザベス女王が弔辞を読まれるという感じだったんですね」と当時を回想した。

「女王であることって大変なことだと思うんですね」というデヴィ夫人は「人間って上になればなるほど、女王や王になるほど普通の人達の100倍も悩みや問題があると思います」「一人の人間として女王として自分の弱みをさらけ出すことは絶対にできません。威厳をずっと保たないとならない」とエリザベス女王の立場や胸中をおもんぱかった。そして「エリザベス女王が大変ラッキーなのは、フィリップ殿下が支え続けてきた。フィリップ殿下は夫でありながらエリザベス女王にかしずいていた。それは素晴らしいことなので褒めて差し上げたいです」と殿下版内助の功に感動していた。そのフィリップ殿下は2021年4月に99歳で他界した。

エリザベス女王が来日したら「熊本城にお連れしたい」というデヴィ夫人。「日本にはいろいろなお城がありますが、熊本城にお連れして、雄大なる男らしい城が日本にあることをお見せしたい。ウインザー城は頑丈にできているので、それに匹敵するのは熊本城ではないかと思うので」と理由を説明していた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)