有吉弘行が「THE MATCH」招待席を断ったことに安堵したおぎやはぎ 座っていたら「見方変わってた」

有吉弘行が「THE MATCH」招待席を断ったことに安堵したおぎやはぎ 座っていたら「見方変わってた」

有吉弘行が「THE MATCH」招待席を断ったことに安堵したおぎやはぎ 座っていたら「見方変わってた」の画像

6月19日に行われた格闘技イベント「THE MATCH 2022」(東京ドーム)那須川天心vs武尊に設けられた有名人や芸能人が座る招待席について、お笑いタレントの有吉弘行が自身のラジオ番組で持論を述べ、反響を呼んでいる。お笑いコンビ・おぎやはぎの2人も有吉の考え方と同じだという。


「THE MATCH 2022」は全試合をABEMAが完全生中継し、今回は地上波での中継はなかった。しかしK-1の創始者で正道会館館長の石井和義氏は、自身のツイッターで「チケット売り上げ20億、ペイパービュー50万件25億、スポンサー5億、計50億。観客数59000人すべての興行記録塗り替えたね」と同イベントは大成功を収めたことを報告している。

有吉弘行は同日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、地上波放送が見送りになる前に「THE MATCH 2022」のリングサイドに設けられたVVIP席にゲストとして招待されたが断ったと明かしている。この席には菅田将暉や横浜流星、TAKAHIRO(EXILE)・武井咲夫妻、ローラなど豪華な顔ぶれが座っている様子が映し出されていた。有吉は「顔が映るなら、絶対に行きません」、「恥ずかしいじゃん。どういう顔していいのか、分からない」と断った理由を説明。「アル・パチーノだったら撮ってくれって感じだけど、有吉がリングサイド最前列に真面目な顔で座ってたら“邪魔なんだよ、リング映せよ! 日本だったら有吉か?”って反感買うだけ」と彼は想像したのだ。

6月23日深夜放送の『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)では、この有吉の気持ちが「よく分かる」として、おぎやはぎの2人もあの特別な席には自分たちも座れないと話す。「あそこに座れる人ってね、性格的な問題なんだけどさ、それこそ新庄とか」「根がスーパースターじゃない限り、まぁ座れないよ」と、やはり有吉と同じく自分の顔が映った時のことを考えるだけで恥ずかしくてたまらないらしい。招待席に座ることができるのは、いつカメラに抜かれても堂々としている“真のスーパースター”気質か、何も考えていない“超天然”の人しか考えられず、もし有吉の姿がリングサイドにあったら「これから見方変わるかもしれない」「え? この人、こういう人なの?」と失望すると笑う。また芸人であの席に相応しいのは、スポーツが大好きで選手にもリスペクトが高く“スーパースター”感もあるとんねるずの石橋貴明ぐらいだとも語っている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)