中川家・剛、楽屋でサインを頼んでくる芸人に違和感「プライドもなんもあれへんがな」

中川家・剛、楽屋でサインを頼んでくる芸人に違和感「プライドもなんもあれへんがな」

中川家・剛、楽屋でサインを頼んでくる芸人に違和感「プライドもなんもあれへんがな」の画像

兄弟漫才コンビ・中川家(剛、礼二)が、吉本興業のバラエティ公演で後輩芸人のくまだまさしと一緒だった。8月5日放送のラジオ番組『中川家 ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)で兄の剛が話したところでは、くまだからサインを頼まれたという。6日放送のバラエティ番組『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)でも若手芸人にサインを頼まれた時の対応が話題になっており、ベテランになるほど困惑するようだ。そのような頭の痛い問題に対して剛が思いを吐き出した。


愛知県名古屋市にある御園座で開催中の『夏休み!!!!よしもと吉本新喜劇と日替わりバラエティーショー』(8月2日〜8月7日)で4日に出演した中川家は、昼の部を終えて夜の部までの待ち時間が長かったそうだ。同日に出演したくまだまさしのツイートによると、中川家の方から楽屋に顔を出してくれたという。礼二は「くまだ先生調子どうや?」と声をかけ、剛は「くまちゃんの為なら何枚でも書きますよー」と友達用のサインを書いてくれたので「お2人とも本当〜〜〜に優しい先輩です」と感激していた。ただ真相はもっと複雑なものがあるらしい。

ちなみに『人志松本の酒のツマミになる話』ではフットボールアワー・岩尾望が、吉本興業に所属する2年目の若手女性芸人と仕事をした時のことを振り返った。「NSC何期生の○○と申します」と礼儀正しく挨拶したものの、その流れで「よかったらサインください」と色紙を出してきた。自分たちの世代では先輩にサインを頼むことなど考えられないだけに、ジェネレーションギャップを感じた岩尾は悩んだあげく「完全に無視した」という。聞こえないふりをするという意外な展開に笑いが起きるなか、相方の後藤輝基が共感すればMCの松本人志も「すごいわかるわー」と腕を組んで考え込んだ。

くまだまさしは中川家・剛がサインを書いてくれたので「優しい先輩です」とツイートしていたが、当の剛はラジオで「あんなんありえへんからね。芸人が芸人にサインをもらうなんて」とこぼしており、胸中は複雑だったらしい。しかも「『嫁の友達なんです』って、プライドもなんもあれへんがな」とまでぶちまけた。一方でくまだまさしは剛の心の声を知ることもなく、4日に「くまだ先生も中川家先生に愛されてます」というフォロワーの声を受けて「今度もっと素晴らしい中川家さんエピソードがあるので書かせていただきます」と答えていた。

画像3枚目は『くまだまさし 2022年8月4日付Twitter「御園座3日目。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)