二宮和也、いかりや長介さんからの金言を心の支えに「君となら死んだって構わないという人を…」

二宮和也、いかりや長介さんからの金言を心の支えに「君となら死んだって構わないという人を…」

二宮和也、いかりや長介さんからの金言を心の支えに「君となら死んだって構わないという人を…」の画像

11日公開の映画『TANG タング』の初日舞台挨拶が同日に都内劇場で実施され、主演の二宮和也をはじめ、共演の満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、かまいたち(山内健司・濱家隆一)、景井ひな、武田鉄矢、そして三木孝浩監督が登壇した。ここで武田鉄矢が二宮の演技について「クリント・イーストウッド監督からOKをもらった俳優はただものじゃねぇな」とコメントしたが、同じく大先輩のいかりや長介さんが二宮に贈った金言が紹介された。


客席から温かい拍手が送られ、和やかな雰囲気の中でスタートした舞台挨拶。同作は、二宮和也にとって国民的グループ「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる。二宮はゲーム三昧で妻に捨てられ、人生に迷うダメ男「健」を演じるが、二宮の今回の相棒は記憶を無くした迷子のへっぽこロボットの「タング」。原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』で、日本国内でもシリーズ累計発行部数38万部を超えるベストセラーとなっている。

二宮和也と彼の妻を演じた満島ひかりは、10代前半から芸能活動をしているが、三木孝浩監督は「二宮さんと満島さんは初共演になるんですけど、人生で辿ってきた道のりや、越えてきた壁が似ていると思うんですよ。なので、お二人が演じた夫婦の空気感が本当に心地良くて、現場では鳥肌たちましたね」と振り返った。そして共演の武田鉄矢も「二人とも小さいころから芸能界にいらっしゃって。二宮さんと同じ事務所の若手をたくさん見てきました。残念ながらこの青年は生徒じゃなかったけど」と自身が主演し、ジャニーズ事務所から何人もが生徒役で出演して人気者となったTBS系ドラマ『3年B組金八先生』シリーズに触れた。そして「やっぱり才能があるなと思いますし、素晴らしい。楽に演技しているんですよね。普通、力むんですよ」「『さすが二宮! クリント・イーストウッド監督からOKをもらった俳優はただものじゃねぇな』と思いながら見ておりました」と二宮が出演したクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』(2006年)を持ち出して賛辞を贈ると、二宮も照れながらも笑顔を見せた。

また舞台挨拶では劇中の「タング、健のために」というタングの印象的な台詞にちなみ「心の支えになった存在は?」という話題に。二宮和也は「一緒に仕事をしてくださる人たちかなって思います」と述べてから「昔、若い頃にいかりや長介さんから『君とだったらこの作品で、もうどんなことになっても、もう死んだって構わないっていう人を、一人は見つけなさい』っていう風に教えられました」と国民的グループ「ザ・ドリフターズ」で活躍したいかりや長介さんの金言を明かした。そして「僕はご一緒してきた共演者の方々、制作陣の方々の運は誇るべきものだと思っているので、今回もそうでしたけど、次回もそうであって欲しいと思いますね」とコメントした。

次に満島ひかりは「漠然としてますが、愛ですね。きょうだいが下に3人いるんですけど、俳優をやっている弟が生まれたときに『仲間ができた!』って本当に嬉しくて。人生の仲間を愛していく、仕事自体も、いろんなことに一つ一つ愛情を持てるものがあるから大丈夫って思えます」と回答した。

またかまいたちの濱家隆一は「相方の山内ですね」と山内健司を挙げて「20年近く一緒にやってきてますから、一緒にやってこなかったらこの場にもいなかったですから」とコンビ愛溢れる回答に客席からも拍手が送られた。しかし相方の山内は「僕はジョニー・デップです」ときっぱり。「ジョニー・デップを見ていたら、『なんとくなく、大丈夫だな』って思えます。漠然とですけど、20年くらいジョニー・デップを見てきて、ジョニー・デップとなら、きっと大丈夫」とボケて、濱家から全力のツッコミを受けた。

他にも同作の原作小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の著者であるデボラ・インストールさんから「マスクを交換するほど号泣してしまいました。後半はずっと感動しっぱなしでした」などとメッセージが紹介されると、二宮は「良いお酒が飲めそうだなと思います」と充実感溢れる笑顔を見せた。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)