池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」

池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」

池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」の画像

女優・池田エライザと俳優・田口トモロヲが12日、テレビ大阪開局40周年記念ドラマ『名建築で昼食を 大阪編』(17日深夜スタート)のオンライン記者会見に出席した。同作はドキュメンタリーの要素を取り入れたドラマになっていて、池田のセリフのほとんどがアドリブであるシーンも。そのため池田が田口を困らせたこともあったという。


ドラマ『名建築で昼食を 大阪編』(全6回)は、東京を舞台にした『名建築で昼食を』(2020年8月-10月放送)と『名建築で昼食を スペシャル横浜編』(2021年1月放送)に続く新ドラマ。これまでと同様に田口トモロヲが、ノスタルジックで可愛らしい「乙女建築」なる写真をSNSで公開している植草千明(うえくさ ちあき)を、池田エライザが植草と一緒に名建築を巡る春野藤(はるの ふじ)を演じる。

第1話では綿業会館を取り上げるが、大阪には中学生の頃からよく仕事で訪れていたという池田エライザは「かなりの回数(大阪には)行っているんですが、イメージとしては活気のある街でした」とこれまでの印象を述べてから、撮影では「名建築は豪華な場所が多かったですし、派手という部分もありましたが、中に入ってみると厳かな空気が流れていて大阪の新たな一面を見た感じがしました」と振り返った。

また田口トモロヲは「大阪人気質のオープンなマインドが建物にも反映されているという印象が強かったですね。東京で見た建築とは本当に違っていて、すべてが大箱でデカイという印象。ずっと見上げていたので、首が痛くなりましたね」と笑わせた。

同ドラマにはドキュメンタリーの要素がドラマの一部に加えられていて、名建築を見学しているシーンでは「(自身の)セリフがほとんど書いていない」という池田。「初めて行った場所で素直に思ったことを言えばいい」と言い、その点でドキュメンタリーとなっているが、逆に植草はその建物に詳しいという設定のため植草役の田口には建物にまつわる情報がセリフとなって台本に用意されているという。

さらに見学中に「ふと湧いた素朴な疑問を田口さんに聞いてしまったりして。田口さんは本当にそこに詳しい方というわけではないので、それで困らせてしまったりとか」と明かすと、田口は「『俺も知りたいよ!』と思いつつ、『役としてはそういう発言はしないだろうな』」と植草役をまっとうするそうだ。そしてこの大阪編では「藤さん(池田)が純粋に名建築を見て疑問に思ったことをぶつけてきても、たまに無視するという作戦を覚えました。他のところに集中しているフリをして分からない質問は無視する」と対処法を身に着けたとのこと。これに池田も「してた!」と思い出して笑った。

そんなシーンが「第1話にもバッチリ使われていますから見てください」と田口。「主役は名建築なので、我々はバイプレーヤー」というスタンスで撮影に臨んだという田口は「何も考えずに見ていただいて、登場する名建築の世界観に酔っ払っていただければと思います」、池田は「大阪は大大阪時代というのが非常に興味深くてそのような歴史的背景や、純粋に建築のひとつひとつの美しさであったり、植草さんのいじらしい部分があったりするので、さまざまな要素で楽しんでいただけます。ぜひ癒やされてください」と視聴者にメッセージを送った。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連記事(外部サイト)