松丸亮吾、ポケモンカードの「伝道師になりたい」 永遠のライバルは本郷奏多

松丸亮吾、ポケモンカードの「伝道師になりたい」 永遠のライバルは本郷奏多

松丸亮吾、ポケモンカードの「伝道師になりたい」 永遠のライバルは本郷奏多の画像

謎解きクリエイターの松丸亮吾と、ピン芸人のあばれる君、お笑いコンビ・土佐兄弟(土佐卓也・土佐有輝)が18日、東京・JR両国駅で開催されたポケモンカードゲーム ソード&シールド「スタートデッキ100」の体験イベント「スタートデッキ100ステーション」のプレス発表会に出席した。松丸にはポケモンカードゲームにおいて掲げる目標や夢があるという。


JR両国駅の通常使用されていない“幻のホーム”である3番線臨時ホームに登場した松丸亮吾、あばれる君、土佐兄弟。ここで同日から21日までの4日間、ポケモンカードゲームの体験イベント「スタートデッキ100ステーション」を開催するが、松丸は駅長、あばれる君と土佐兄弟は駅員に就任し、全員制服姿で参加した。駅長の松丸の帽子には赤いラインが入っている。

かねてからポケモンカードゲームのファンの松丸は「最高の気分ですよ。一日駅長だけでも嬉しいのに、まさかポケモンカード・ステーションの駅長になれるなんて。嬉しいですね」と満面の笑み。「めちゃくちゃこのポーズ練習しました」と敬礼のポーズをにこやかに披露した。

隣の“ポケモンカードゲーム大好き芸人”あばれる君は「すごく引き締まった気分です。駅長にずっとついていきます」と宣言したが、その格好に「ハマってますね。(駅員を)やってました?」と松丸に聞かれて「やってないよ」と返す場面も。ちなみに松丸とあばれる君はテレビ東京系ポケモン情報バラエティ番組『ポケモンとどこいく!?』に出演中だ。あばれる君には、実の兄弟コンピの土佐兄弟も「こういう人、見たことある」「似合ってますよ」と声をかけたが、駅員就任に「両国駅は地元が近くなので、駅の目の前のプールに2人とも通っていたぐらい。ゆかりの地で駅員に就任できるなんて」と喜んだ。

オープンに際して4人でテープカットをすることになったが、なんと全員初めてということが発覚。「緊張するな」「手がスベりそう」「ドキドキしそう」と口々に白い手袋でハサミを持ちながら興奮していたが、松丸駅長の「出発進行!」を合図に無事にハサミが入れられた。

発表会でポケモンカードゲームで対戦したい相手を聞かれると、松丸は「スタートデッキの大会が去年あったんですよね。そのとき僕、第1戦で永遠のライバル、本郷奏多くんに当たって負けたんですよ。それがめちゃくちゃ悔しいんで、リベンジマッチも兼ねて奏多くんと戦いたい」と闘志を燃やした。また「スタートデッキ100」に絡めて「100日後に○○になるためのスタート宣言」では「ポケカのシティリーグ 優勝者になる!」と発表した松丸。「シティリーグというのがあるんですが、僕は決勝にギリギリで行けなかったのが直近でありまして。めちゃめちゃ悔しくて。あと1回勝っていたら決勝だったんですよ。本当に悔しくて」と心底残念がってから「だから100日後までに優勝。決勝リーグに行くのは絶対で、できれば優勝したいなと」と優勝宣言。さらに「猛者の中でもさらに猛者になりたい。ポケモンカードを教えられるような伝道師になりたいんで、そのためにタイトルを1個、手に入れたい」と力を込めた。

松丸は「ポケモンカードで友達が増えて毎日すごい楽しいので、ぜひ同じ道を辿ってくれる人が増えることを願います」と充実感をにじませて「2年前に初めてやったんですけど、初めてのときも今もずっと楽しいままなんで、これから始める人も今やっている人も、みんなが楽しく盛り上がれるそんな駅にしたい」と駅長として意気込んだ。そして「ぜひ皆さん遊びに来てください!」と笑顔で呼びかけた。

「スタートデッキ100」は、すぐに遊べる構築されたデッキ(カード60枚)がランダムで1つ入った商品。体験イベント「スタートデッキ100ステーション」では、初心者でも楽しめるファミリーエリア(6卓)、ポケモンカードゲームファンが対戦を楽しめる対戦エリア(12卓)を用意。1回当たり約60分でサイトからの事前予約が必要となる。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)