THE RAMPAGE藤原樹、地元福岡で家具アドバイザーに就任 昨年母親からLINE「チェックしておいた方が…」

THE RAMPAGE藤原樹、地元福岡で家具アドバイザーに就任 昨年母親からLINE「チェックしておいた方が…」

THE RAMPAGE藤原樹、地元福岡で家具アドバイザーに就任 昨年母親からLINE「チェックしておいた方が…」の画像

EXILE MAKIDAI、佐藤寛太(劇団EXILE)、藤原樹(THE RAMPAGE)がこのたび「2022年度大川家具スペシャルアドバイザー」に就任。19日に大川市子育て支援総合施設 モッカランド(福岡県大川市)にて行われた就任式に揃って出席した。福岡県出身の藤原樹は、実家でかねてから大川家具の製品を使用していて、昨年母親からLINEでメッセージが届いたという。


大川市マスコットキャラクター「モッカ君」と一緒にスーツ姿で就任式に登場したEXILE MAKIDAI、佐藤寛太(劇団EXILE)、藤原樹(THE RAMPAGE)。それぞれに大川市長から委嘱状の交付が行われ、木材でオリジナル製作した名刺、印鑑が渡された。福岡県大川市は、大川家具のさらなるブランド強化を目的に、昨年度より大川家具の魅力を発信する「大川家具スペシャルアドバイザー」のポストを設け、初年度はEXILE黒木啓司が1年間活動した。

「このたび同じEXILEの黒木啓司の後任として、2022年度大川家具スペシャルアドバイザーに就任しました」と挨拶したTeam LDHのリーダー、EXILE MAKIDAIは「自分事ですが小さな子供(1歳10か月の男の子)が家にいますので、子供が遊んでいる木でできたおもちゃや子供向けのテーブルや椅子を見ていて興味が湧いていたタイミングでこの話をいただいて、『ぜひ!』ということでありがたく受けさせていただきました」と経緯を述べて、「啓司からの引き継ぎということで、大川家具の皆様と一緒に、手に取っていただける方に少しでも喜んでいただける家具作りをできたらと思っています」と意気込んだ。

福岡県出身の劇団EXILEの佐藤寛太は「ものすごく本が好きで、最近ずっと家に本が積読(つんどく)で溜まっているので2、3年ずっと本棚を探していたのですが、これを機に大川家具ブランドからゲットできたら。自分が使うことを通して素晴らしさを伝えていきたいと思っています」と趣味の読書に絡めて抱負を述べた。

また福岡県出身で北九州市観光大使も務める、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー、藤原樹は「自分は福岡県出身なので、小さい頃から大川家具を知っていますし、僕の実家にも大川家具のこたつがあったり…」と以前からの関わりを語ると、周りから「へぇーっ!」と声があがった。「今回の話をいただいてすごく嬉しい」という藤原は「個人的にネコが大好きで、大川家具の職人ネコ用に作った「ネコ家具」も以前から気になっていたところでした。応援してくださるファンは若い世代が多いので、そういった方々にも、大川家具の良さを広めていけるよう頑張っていきたいと思います」とやる気を見せた。実は昨年度に黒木啓司が就任した際には母親からLINEで「啓司さんが大川家具とやるからチェックしておいた方がいいよ」とメッセージが来たという。今回の就任は「僕も嬉しいし、家族もすごく喜んでいる」とのこと。

続けて3人は大川家具が未来に向けて新たな挑戦を行う「大川カグミライプロジェクト」を発表。MAKIDAIがこども達の未来を育む「チャイルド家具」づくり、地球環境の未来を育む「サステナブル家具」づくり、大川の街の未来を育む「パブリック家具」づくりの3本の柱を読み上げた。この中からMAKIDAIは「チャイルド家具」、佐藤と藤原は「サステナブル家具」を担当するという。「チャイルド家具」担当のMAKIDAIは「デザインでほっこりしたり、安心感であったり、一番は安全性を含めて、実体験をもとに発信していきたい」、「サステナブル家具」担当の佐藤は「端材や処分しなければならないものをどう再利用していくか、新しいものを作っていけるか」と課題に触れて、同じく「サステナブル家具」担当の藤原は「ネコのおもちゃや爪とぎを僕の猫の知識を入れながら作っていきたい。まだ僕の知識は浅いので勉強しながら、皆さんと一緒に作っていきたい」とコメントした。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連記事(外部サイト)