影山ヒロノブ、『ウルトラマンデッカー』ED曲熱唱 「へのへのカッパ」で匂わせも

影山ヒロノブ、『ウルトラマンデッカー』ED曲熱唱 「へのへのカッパ」で匂わせも

影山ヒロノブ、『ウルトラマンデッカー』ED曲熱唱 「へのへのカッパ」で匂わせもの画像

現在開催中の「ウルトラシリーズ」を満喫できるイベント「ウルトラヒーローズ EXPO 2022 サマーフェスティバル IN 池袋・サンシャインシティ」にて、25日には「『ウルトラマンデッカー』スペシャルナイト」が実施された。7月より放送中の『ウルトラマンデッカー』(テレビ東京系)のキャスト・監督・楽曲アーティストが集結するという豪華なイベントになった。


スペシャルナイトは『ウルトラマンデッカー』オープニング主題歌『Wake up Decker!』でスタート。同曲を歌うSCREEN modeが登場、ボーカル・勇-YOU-の歌声が響き渡ると、主人公のアスミ カナタ役の松本大輝をはじめ、GUTS-SELECTのメンバーを演じる村山優香(キリノ イチカ役)、大地伸永(リュウモン ソウマ役)、宮澤佐江(カイザキ サワ役)、隊長のムラホシ タイジ役の黄川田雅哉、TPU技術局アサカゲ ユウイチロウ役の小柳友、そしてメイン監督を務める武居正能氏が歌いながら現れて、全員で息の合ったダンスをして会場を沸かせた。

またエンディングテーマを担当する影山ヒロノブも登壇。作中に登場するハネジローの声がいつもと違うことに気付いたキャストたちがざわつくと、松本が「ハネジローだって風邪ぐらい引くから」と応じたが、ハネジローは「いやいやいやいや、オーバーヒートで熱は出ますが、風邪は引きません!」と断言。「もう一人ゲストがいるのを忘れてないか?」と聞かれた松本は「誰かいましたっけ?」ととぼけたが、「ほらー、あの電撃で超人の…」とヒントを出すとゲストの正体に勘付いた客席から拍手が起こった。実はこのときは影山がハネジローの声をアテレコしていたのだが、「電撃で超人の…」とは影山がこれまで主題歌などを歌ってきた『電撃戦隊チェンジマン』や『鳥人戦隊ジェットマン』を示唆していたようだ。

まだ誰だか分からない素振りの松本に「ほら、たとえば『へのへのカッパ』の…」と影山が歌うアニメ『ドラゴンボールZ』のオープニング曲『CHA-LA HEAD-CHA-LA』の1フレーズを挙げると、今度はキャストからも笑い声と拍手が。しびれを切らした影山が「しょうがねぇなぁ。じゃあ、これでどうだ!」とハネジローの人形を手に登場すると、松本は「はじめまして。アスミ カナタ役の松本大輝です。最高のエンディング曲を書いてくれてありがとうございます」と深々とお辞儀をしてから、「ここまでが台本です!」とネタばらしした。

影山は自身が作詞・作曲をしたエンディングテーマ『カナタトオク』を熱唱。ウルトラマンデッカーも登場してステージで共演すると、次々にキャストたちも曲に合わせて客席に手を降ったり手拍子をして盛り上がった。歌い終わった影山は「最高でした。このときを夢見ていた気がします。最高です」と親指を立ててにっこり。さらに影山から後期のエンディングテーマも担当することや「10月26日に前期と後期のエンディング曲を一緒にまとめてリリースすることになりました」と発表すると客席から大きな拍手が沸いた。

翌26日に影山ヒロノブは「ウルサマのフィナーレで カナタトオクを歌いました!」とインスタグラムを更新。「実はその後期のエンディング主題歌、一昨日 詩曲共に監督からゴーサインを頂いたばっかりだったので それもあって昨日は晴れ晴れとした気持ちでカナタトオクを歌えました」とどうやら気分爽快だったようだ。29日まで開催中の「ウルトラヒーローズ EXPO 2022 サマーフェスティバル IN 池袋・サンシャインシティ」で楽しそうに遊んでいる写真数枚添えたが「楽しそうに遊ぶおじさん めっちゃかわいい」というコメントや、「後期エンディングおめでとうございます 楽しみです!」「やったー!! めっちゃ楽しみです!!」「また楽しみ増えました」と新曲への期待の声がいくつもあがっている。

画像6~8枚目は『Hironobu Kageyama 2022年8月26日付Instagram「When I became an elementary school student, Ultraman was started!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)