ランジャタイ国崎、オジンオズボーン解散撤回を期待 高松を“妖怪”にたとえ「マジでお祓いしたほうがいい」

ランジャタイ国崎、オジンオズボーン解散撤回を期待 高松を“妖怪”にたとえ「マジでお祓いしたほうがいい」

ランジャタイ国崎、オジンオズボーン解散撤回を期待 高松を“妖怪”にたとえ「マジでお祓いしたほうがいい」の画像

20年以上続くお笑いコンビ・オジンオズボーン(篠宮暁、高松新一)が年内で解散する意向を示した。かつてバラエティ番組で共演した女優の広瀬アリスが9月9日に「オジンオズボーンさん、、、」とツイートしたところ、フォロワーから「解散はどんな芸風の方たちでも寂しく胸が痛いです」という解散を惜しむ声が届いている。そんななかランジャタイ・国崎和也は、高松新一が「芸人を辞めます」と表明した理由に納得できないらしい。先輩芸人にリスペクトを込めて解散発表をいじり倒した。


YouTubeチャンネル「SHINOMIYA【オジンオズボーン篠宮】」で8日に公開した『オジンオズボーン解散』によると、高松新一は5年ほど前から芸人という仕事に魅力を感じなくなり、その思いが強くなって今年7月、篠宮暁に引退を相談したという。芸人を辞めた後は何をやるか具体的に決まっておらず「サウナにハマってるから熱波師とか…」という程度らしい。話し合った末、篠宮の希望から解散まで“終活”して12月下旬に解散ライブ(仮名)を行い、大晦日に配信ライブをする流れで落ち着いた。篠宮としてはそれまでに高松の気持ちが変わることを期待しているようだ。

お笑いコンビ・ランジャタイ(伊藤幸司、国崎和也)は2019年5月に『新ネタ 漫才 日本一決定戦 オジンオズボーン対ランジャタイ』で共演した縁がある。トンツカタン・森本晋太郎らによるYouTube「おこたしゃべりチャンネル」で11日に配信した『ランジャタイ国崎さんと森本による生配信』でオジンオズボーンの件を話題に取り上げると、解散のきっかけを作った高松新一に対するモヤモヤが爆発した。国崎和也は「23年間やったことを生かすとかなくて、ただただ真っ白になるだけっていうんだから」と芸人として仕事があるのに無謀な引退を選んだ高松に呆れ、ふわふわした感じを「高松さんがちょっとずれてる」と頭の位置をずらす仕草で表現した。

ランジャタイと言えば『M-1グランプリ2021』決勝でネタを披露したところ審査員の上沼恵美子がシュール過ぎてショックで固まれば、高得点を入れた立川志らくが後で「ランジャタイはイリュージョン」とツイートして話題になった。今回の配信では、高松について「謎なんだよ、でも話したら熱い。むちゃくちゃ漫才が好きだし。でもちょっとわからんですね、もう…」とぼやきが止まらない国崎。動画『オジンオズボーン解散』の終盤で「ウァッ」と妙な声を発したことを蒸し返して「最後は人じゃないところまでいったからね」といじり倒した。ファンの気持ちを代弁するように「辞めないでー」とは思っても、高松が「人じゃない」から誰も「分かるー」と共感はできないという。

国崎和也はさらに本領発揮して、化け物みたいな妖怪が「分かる分かるー。ゼロになりたいよねー」と低くて太い声で話しながらパソコンを叩いてコメントするシュールな光景を演じて見せた。森本は「ゲゲゲの鬼太郎のエピソードじゃん。お笑い芸人が妖怪に浸食されてみたいな」と笑っていたが、国崎は「高松さん、マジでお祓いに行ったほうがいいよね」と持論を展開。しかも「除霊して何も変わらなかったら一番面白い」と想像を膨らませて「いや本人かい!」と落ちまで考えていた。そんな国崎和也と森本晋太郎は愛あるいじりをしながら、オジンオズボーンが解散せずに済むことを望んでおり、高松新一をYouTube「おこたしゃべりチャンネル」に呼びたいと願っていた。

画像2枚目は『ザ・ベストワン【公式】次回はお笑いの日 2022年9月9日付Twitter「続いては#ランジャタイ のお二人」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)