雛形あきこ、10代でグラビアアイドルに見切り 「ずっと水着姿を撮ってるだけで、やっていけない」

雛形あきこ、10代でグラビアアイドルに見切り 「ずっと水着姿を撮ってるだけで、やっていけない」

雛形10代でグラビアに見切り

雛形あきこ、10代でグラビアアイドルに見切り 「ずっと水着姿を撮ってるだけで、やっていけない」

雛形あきこ、10代でグラビアアイドルに見切り 「ずっと水着姿を撮ってるだけで、やっていけない」の画像

女優の雛形あきこ(44)が、21日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)に出演した。かつてはグラビアアイドルとして「雛ポーズ」で男性達を虜にした雛形は、オードリーの2人にとっても高校時代の憧れの存在であったという。だからこそ他の女性ゲストを迎えた時より、異様な興奮がある―とMCの若林正恭(44)は話す。


15歳からグラビアアイドルとして活動を始めた雛形あきこは、前かがみになって両腕で胸を寄せる「雛ポーズ」でブレイクを果たし、1994年にフジテレビビジュアルクイーンに選ばれるなど、スターダムにのし上がった。1995年からはグラビアだけでなく女優、タレント業へと活動の場を広げていく。『あちこちオードリー』で若林正恭は自分が高校生の時は男子校だったので、誰かの少年雑誌が置いてあると勝手に雛形の水着姿が載っているページが破られて持って行かれるぐらい、彼女の人気は絶大だったと語る。ただ当時の雛形は自分の人気がどれほどのものなのか実感がなく、「名前も知られていない自分のグラビアを、誰が見るんだろう」と不思議に思っていたらしい。現在のようにネットで反応を見られるわけではないので、「一方的に写真を撮って(雑誌に)出してるだけ」という感覚だったそうだ。

人気絶頂のグラビアアイドルとして10代後半を過ごしてきた雛形だったが、ずっと今の仕事を続けられるとは思っていなかったそうだ。「すごいことですよ」と若林は語るも、「5人ぐらいで水着姿を撮ってるだけで、やっていけると思います?」と彼女が真剣に反論。同じくゲストのお笑いコンビのますだおかだ・岡田圭右(53)からは「若い時はまだええけど、年齢を重ねたらな」と言い、オードリー・春日俊彰(43)も「何十年も続くかと…、この5人だけで」と笑っていた。

1995年10月からは深夜番組『めちゃ2モテたいッ!』(フジテレビ系)に出演しているが、オファーがあった時は武田真治(49)とのトーク番組だと聞いていたという。だが当時の武田はいしだ壱成(47)と並ぶ中性的な“フェミ男”として、オシャレ女子の間で人気を博していたが、トークが弾むようなキャラクターではなかった。そのため雛形は彼と2人のトーク番組に不安を覚えていたところ、ナインティナインらも出演するというので気持ちが楽になったと話す。しかし実際に放送が開始されるとどんどんトーク番組から離れて行き、コントやドッキリ企画などが増えていったそうだ。こうして『めちゃ2モテたいッ!』がリニューアルする形で『めちゃ2イケてるッ!』が1996年10月にスタート、雛形もスライドしてレギュラーとなり最終回を迎えた2018年3月まで出演した。今回の『あちこちオードリー』の出演で久しぶりに彼女を見た人も多かったようだが、「雛形あきこ、めっちゃくちゃ美人じゃないか」「相変わらず綺麗」「自分の立ち位置を現実的に捉えていて、真面目な人なんだなと思った」と好意的なコメントがネットで多く見受けられた。

画像は『雛形あきこ 2022年9月17日付Instagram「日焼けしたので今日は保湿多め。」、2022年9月20日付Instagram「明日の夜は「あちこちオードリー」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連記事(外部サイト)