サンド伊達、宮城米の実食で「おかずないんだね」とぼやく CMと落差「塩でもいい」と訴える

サンド伊達、宮城米の実食で「おかずないんだね」とぼやく CMと落差「塩でもいい」と訴える

サンド伊達、宮城米の実食で「おかずないんだね」とぼやく CMと落差「塩でもいい」と訴えるの画像

お笑いコンビ・サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)が28日、都内で開催された『令和4年産宮城米説明会および新CM発表会』に出席した。新CMで2人は、たくさんのおかずを前にパクパクと美味しそうに白飯を食べているが、このCMと発表会のあまりのギャップに伊達がぼやいた。


“みやぎ米メッセンジャー”として6年目に突入したサンドウィッチマン。伊達みきおは「(コンビ名が)サンドウィッチマンでパンの名前なのでずっと後悔してるんですけど、毎年お米のキャラクターに選んでいただいて感謝しています」と笑わすと、富澤たけしも「気持ちはライスマンなので。PRしていきたいと思います」と意気込んだ。

今年も「美味しいお米と素敵なCMができました」という伊達。「富澤と2人で小料理屋にご飯食べに行った感じ」とリラックスして臨んだCM撮影では、伊達は「おかずがすごいいっぱいあったんですよ。ご飯が美味しいからおかずちょっとでご飯いっぱいいける。僕らしばらく撮影が終わっても食べてましたからね。3杯、4杯食べた」とずいぶん食が進んだそうだ。その伊達は南三陸町の銀鮭のハラミをおかずに白飯を食べたが、富澤は「僕は『女将さんをおかずに…』と言ったんですけど、それはカットされてました」とボケてみせた。

発表会ではCMと同様に伊達が「ひとめぼれ」、富澤が「だて正夢」を実食したが、CM撮影とのあまりのギャップに伊達が嘆く場面が。丼に盛り付けられた白飯を手に、伊達は「本当におかずないんだね。おかず要らないね…とは言うけど…あった方がいいね」とぼやくとどっと笑いが。それでも「ちゃんとご飯の味がするんですよ。お米の甘みが伝わりますね。美味しい」と食レポしたため、改めて「おかずなしでもいけますか?」と司会者から聞かれた伊達は「あればあった方がいい。塩でもいい。味噌でも美味しい」とおかずでなく調味料でもいいから何か欲しいと希望した。

そんな伊達は白飯に合う鉄板のおかずについて「やっぱり海苔かなあ。海苔で包んで食べる。宮城には皇室に献上する美味しい海苔もあるので」と回答。一方の富澤は「やっぱり一番ご飯が進むのはカレーですね」と言い、会場は爆笑。「(白飯の美味しさが味の濃いカレーで)消えるなー」と突っ込む伊達を尻目に富澤は「結局カレー。何杯でもいけますから」と続けた。

さらに伊達は「本当の話ですけど、お米って太らないんですよ。正式な人は誰も言ってないですけど。白は白紙に戻すってことがありますから、ゼロキロカロリーって言われている。僕が言ってるから間違いないです」と力説。富澤も「白いから太らないらしいです」と同調すると、伊達は「色がついているご飯を食べるときは白いお皿に載せてもらうと効果を発揮します。安心してください。間違いないです」と自信満々に言い切った。

サンドウィッチマンが出演する新CMは関東・中京・関⻄・宮城エリアで翌29日から放映される。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)