二宮和也「楽しみにしていた」 戸田恵梨香、大泉洋、柴咲コウ、鈴木亮平、眞栄田郷敦ら東京国際映画祭に続々登場

二宮和也「楽しみにしていた」 戸田恵梨香、大泉洋、柴咲コウ、鈴木亮平、眞栄田郷敦ら東京国際映画祭に続々登場

二宮和也「楽しみにしていた」 戸田恵梨香、大泉洋、柴咲コウ、鈴木亮平、眞栄田郷敦ら東京国際映画祭に続々登場の画像

第35回東京国際映画祭が10月24日に開幕した。3年ぶりに実施されたレッドカーペットには国内外から総勢137名の豪華ゲストが登場し、開幕を華々しく彩った。続々と豪華ゲストが登場するだけあって、国内外のマスコミや観客、計454名が詰めかけた。


東京ミッドタウン日比谷のステップ広場から仲通りにかけて敷かれたレッドカーペットは165m。あいにくの季節外れの寒さのなか、豪華ゲストがレッドカーペットを闊歩すると、場内は熱気に包まれた。

トップバッターはガラ・セレクション作品『月の満ち欠け』より大泉洋、柴咲コウ、廣木隆一監督が登場。大泉は「今日はこの東京国際映画祭の栄えあるトップバッターで歩かせていただいて、大変光栄に思っております。コロナもだいぶ落ち着いてきて、たくさんの外国のお客様も来ているようで、とても盛り上がるのではないでしょうか。期間中存分に映画を楽しんでいただければと思います」といつもとは違う緊張した面持ちで挨拶した。

母と娘の葛藤を描く『わたしのお母さん』からは黒いドレス姿の井上真央と杉田真一監督が登場、作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんらをモデルにした『あちらにいる鬼』からは着物に身を包んだ寺島しのぶと広末涼子、そして豊川悦司、廣木隆一監督がレッドカーペットを進んだ。

湊かなえ氏が作家を辞す覚悟で執筆した問題作を映画化した『母性』からは戸田恵梨香、永野芽郁、廣木隆一監督が登壇。戸田は黒とベージュ系のデザイン性の高いドレスで、永野はきらびやかなワンショルダーのスレンダードレスで登場、戸田は「本当に光栄です」と挨拶した。ちなみに廣木隆一監督は今回の東京国際映画祭に3作品を出品している。

眞栄田郷敦が初主演を飾る『彼方の閃光』からは眞栄田の他、池内博之、加藤雅也らが出席し、男性2人の愛を描く『エゴイスト』からは鈴木亮平、宮沢氷魚、松永大司監督が登場した。鈴木によると3年前のこの東京国際映画祭で同作の企画を聞いたそうで、完成した同作を引っ提げてのレッドカーペットに鈴木は「宮沢氷魚くんという強力な味方を得てここに立てて感無量です」と胸がいっぱいの様子だった。

他にも『窓辺にて』から稲垣吾郎、中村ゆり、玉城ティナ、今泉力哉監督、『あつい胸さわぎ』から吉田美月喜、常盤貴子、前田敦子らも登場したが、トリはオープニング作品にも選ばれた『ラーゲリより愛を込めて』から二宮和也と瀬々敬久監督が飾った。二宮は「オープニング作品に選んでいただきまして、光栄に思っています。映画人の一人として東京国際映画祭が始まるのを楽しみしていましたし、いろんな作品があると思いますので、いろんな出会いを楽しんでいただければと思います」と呼びかけた。また二宮は「レッドカーペットの最後は結構華やかといいますか、大所帯で歩くとイメージしていたんですけど、今日現場来たら(監督と)2人でした」と意外そうながらも「カーペットを観に来ていただいている方に声援を頂きながら、その反対側ではマスコミ取材を受けるという光景が、3年ぶりに(映画祭を)やっているんだなっていう実感とともに込み上げてくるものがありました。やっぱり嬉しかったです」と喜びを噛み締めていた。

今年の東京国際映画祭はフェスティバル・アンバサダーを橋本愛が務める。日比谷、有楽町、銀座、丸の内地区にて11月2日まで開催。計169本を上映予定。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連記事(外部サイト)