「ブサイクだから」 猫に二重整形させた飼い主に非難殺到(中国)

「ブサイクだから」 猫に二重整形させた飼い主に非難殺到(中国)

「ブサイクだから」 猫に二重整形させた飼い主に非難殺到(中国)の画像


江蘇省南京市に住むある女性(名は非公開)が、飼い猫の瞼を二重に整形したことが2月27日に同省のテレビ局で報じられた。

この女性は飼い猫の目が気に入らず「ブサイク」だと思い、南京市にある瑞?動物医院へ連れて行き、1万元(約166,000円)の費用をかけて猫の目を二重にする施術を依頼した。

テレビ局は、一重だったグレーの猫が目の周りの毛を剃られて麻酔をかけられた後、メスで瞼を切開された施術後のショッキングな写真を公開。猫は縫い付けられた目の周りを赤く腫らしており、とても痛々しい。

テレビの取材を受けた病院スタッフは「ペットを二重にする施術は珍しくはない。特に飼い犬を二重にしたいという人が多く、彼らは犬に施術をしてドッグショーに参加させている」と明かしたが、「もちろん健康上のリスクもあるし、猫の場合は不快感を生じさせることもある」と話している。

この放送が中国のソーシャルメディアで拡散すると、猫の飼い主に対して「同じ猫にはもう見えない。単に猫を苦しめているだけ」「これは動物虐待だろう」「整形なんてまったくもって不必要」といった非難が寄せられ、このニュースを知った人からも「最低な飼い主。猫がかわいそう!」「ペットの整形に同意する動物病院ってどんな病院だよ」「飼い主も愚かだけど、動物病院もおかしい。どちらも罰せられるべき」といった声があがった。

なお2017年2月には、ロシアのある母親が息子のためにジャック・ラッセル・テリアの仔犬を購入したものの、耳が上向きになっていることが気に入らず、映画『マスク』に出てくる犬のように下向きにさせようと整形手術を受けさせたニュースが報じられ、激しい非難の声が巻き起こった。

画像は『Mirror 2019年2月27日付「Woman spends £1,100 on plastic surgery for her cat as she thinks it’s ‘ugly’」(Image: Jiangsu Television Station)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)