娘に暗号のような名前を付けた両親に「虐待同然」と批判の声(豪)

娘に暗号のような名前を付けた両親に「虐待同然」と批判の声(豪)

娘に暗号のような名前を付けた両親に「虐待同然」と批判の声(豪)の画像


オーストラリア在住のジェシカ・メイヴィスさん(Jessica Mavis)は2年前、生まれた娘にケイトリンという名前を付けた。決して珍しい名前ではないものの、そのスペルが普通とは異なっていたため2016年に雑誌『That’s Life』で紹介された。

ケイトリンは「Kaitlyn」という綴りが一般的だが、ジェシカさんの娘の名は「KVIIIlyn」だった。これは、名前の中に「ローマ数字の8」に似せて「VIII」を入れたことにより「ケ・エイト・リン(K・8・lyn)」としたのである。

まるで暗号のような名前だが、ジェシカさんは同誌にこう明かしていた。

「私はケイトリンという名前が好きなんですが、この名前はとても人気があって一般的なのが嫌だったのです。それで女の子が生まれるとわかった時に、夫が良い考えを思いついたんです。」
「それはケイトリンの“エイト(ait)”を“ローマ数字の8”に置き換えるというアイデアでした。おかげで娘は今、類を見ない名前を持っています。」

ちなみに英メディア『Express.co.uk』によると、オーストラリアでは名前に数字を使用することはできないため、ジェシカさん夫妻は「VIII」を用いたようだ。この2年前に掲載された内容が、最近になって再びメディアやSNSで取り上げられるようになった。

するとネット上ではジェシカさん夫妻に対して多くの批判の声があがり、「別に他の子と同じ名前だとしても問題はないのに!」「これはどう見たって虐待のレベルでしょう」といったコメントが集まった。

また『Express.co.uk』が「子供に“KVIIIlyn”という名前を付けることは残酷だと思うか?」とアンケートをとったところ、現時点で「馬鹿げている」が86%、「少し変だと思うけど親が決めること」は11%、「いや、とっても良いと思う」はわずか3%だった。

画像は『Urban Bubs 2019年2月25日付Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)