6歳息子をがんで失った母親、寄付金をギャンブルに使い込む(英)

6歳息子をがんで失った母親、寄付金をギャンブルに使い込む(英)

6歳息子をがんで失った母親、寄付金をギャンブルに使い込む(英)の画像


ウェスト・ヨークシャー州リーズのオズモンドホープに住むステイシー・ウォースリー(32歳)は2017年1月2日から2018年3月30日にかけて、当時がん闘病中だった息子トビー・ナイ君(6歳)の治療費として集められた寄付金20万ポンド(約2,950万円)のうち140,700ポンド(約2,080万円)を不正に使用した。これにより詐欺罪で、今年3月4日にリーズ刑事法院にて有罪判決を受けた。

ステイシーの息子トビー君は2016年のクリスマスに具合が悪くなり、一家は2017年1月にトビー君がステージ4の神経芽細胞腫であると医師から宣告された。この日はトビー君の4歳の誕生日だった。

NHS(英国民保健サービス)ではトビー君の治療費負担が不可能であり、トビー君が地元サッカークラブチーム「リーズ・ユナイテッド」の大ファンだったことから一家は同チームに寄付金を呼びかけると、トビー君のことを知った選手やスタッフ、サポーターらから20万ポンド(約2,950万円)が集まった。ところがギャンブル癖があったステイシーは、寄付金の保管者としての立場を悪用し、そのほとんどをギャンブルに浪費したのだ。

トビー君は治療後の検査で骨髄のがんは消滅したことが分かったが後に脳腫瘍と診断され、今年1月12日、6歳の誕生日を迎えた数日後に他界した。息子の死から2か月も経たない中での詐欺行為が発覚し、裁判所に出廷したステイシーは寄付金のうち10万ポンド(約1,480万円)をオンラインギャンブルに使用したことを認めた。有罪となったステイシーの判決は、3月29日に下される予定とのことだ。なお、裁判所から出てきたステイシーはメディア陣の質問に一切答えることなく、その場を去ったという。

ウェスト・ヨークシャー州警察は、「詐欺行為はトビー君の治療に影響を与えてはいない」と述べ、使用した金額についてはギャンブル会社から返金がなされたこと、身元が判明している寄贈者には返金し、残りのお金は今後地元での必要なことに使用される予定であることを明らかにした。

このニュースを知った人からは、「息子の治療費をギャンブルに使うとは許し難い行為だ」「なんて自分勝手で酷い母親なの。子供が亡くなったのは気の毒だけど、こんな女は刑務所に入れられればいい」「母親とは呼べないね」「子供が病気で精神が病んでいたのかも。母親が使った分のお金が全額返金されたのなら、子供を失った母親を罰するのはちょっと気の毒に思える」「やったことは最低だけど、闘病中の息子を抱えた状況で、どこか逃げ道が欲しかったのかもしれない。自分はこの母親を非難できないかな」「だからって不道徳的な行為を認めろと言うの!? それはどう考えてもおかしいでしょ」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2019年3月5日付「Mum of boy, 6, who died from cancer stole £100k of donations raised for treatment」(Image: SWNS – Leeds SWNS.com)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)