4歳児の腕を噛みちぎったハスキー犬 飼い主らが署名活動「犬を処分しないで」(米)

4歳児の腕を噛みちぎったハスキー犬 飼い主らが署名活動「犬を処分しないで」(米)

4歳児の腕を噛みちぎったハスキー犬 飼い主らが署名活動「犬を処分しないで」(米)の画像


ユタ州デービス郡レイトン市で3月3日の午後、悲劇が起こった。

4歳男児(名は非公開)が隣家の敷地にいる犬と遊ぼうとし、裏庭からフェンスの下へと靴下をはめた右手を伸ばした。隣の家には“ポーラー”、“ベアー”という2頭のハスキー犬がおり、ベアーはフェンス下から伸びて引っかかった状態になっている男児の前腕を噛みちぎったのだ。

事故当時、自宅にいた男児の父親は事態に気付くと「息子の手が犬に完全に食いちぎられた」と911通報し、必死で息子の腕の止血を試みた。現場に駆けつけたレイトン市警察や消防署員らを含む10人ほどの救急隊員が、接合手術のためにと食いちぎられた男児の腕の発見に尽力したが、見つけることはできなかった。警察は「犬が食べてしまった可能性もある」と述べている。

手と5cm〜7.6cmほどの前腕が失われた男児は、緊急ヘリにてソルトレイクシティの病院へ搬送され、傷口の縫合手術が行われた。現在、男児の容態は安定しており、そばには家族が付き添っているという。この件の捜査をしているジェイソン・クック捜査官は「男児はヘリの中でも泣き声ひとつあげず、とても我慢強い子だった」と話している。

事件後、犬2頭はデービス郡動物管理局の検疫所へ収容されており、10日間は狂犬病の検査が行われる予定となっている。当局は事件の背景も含め、噛んだ犬が公共にとって脅威になるのかどうかなどの調査を続けており、結果次第では犬を飼い主のもとに戻すか、引き離すかが検討されるようだ。なお万が一、安楽死処分となった場合は、裁判所命令が必要になるという。飼い主の友人ジェシカ・ナシュさんは、オンライン署名サイト『Petition Site』にアカウントを設置し、次のように綴った。

「親友の犬が、不幸な事故に巻き込まれてしまいました。ハスキー犬の“ベアー”は、フェンス下から伸びてきた靴下をはめた男児の腕を、おもちゃと勘違いして激しく食いちぎったのです。ベアーは、フェンスの向こう側にいる子供の姿は見えていませんでした。この事故は、双方にとって悲劇です。友人の飼い犬2頭は今、デービス郡動物管理局にいて、このままではベアーが安楽死させられるのではないかという恐怖があります。偶然起こってしまったこの事故のせいで、ベアーがそのような処分を受けるのはあまりにも不公平です。」

犬の飼い主は「2頭は従順な犬で攻撃性を見せたことは一度もなく、人を襲ったのは今回が初めて」と話しており、今回の事故に激しいショックを受けているようだ。今も捜査は引き続き行われており、2頭の犬についての処分は不明だが、100万人の署名を目標としたアカウントには現時点で15万人以上の署名が集まっている。

画像は『Petition Site 「Save Polar and Bear」(Jessica Nusz)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)