テイラー・スウィフト、30歳になる前に学んだこと告白 母のがん再発も明かす

テイラー・スウィフト、30歳になる前に学んだこと告白 母のがん再発も明かす

テイラー・スウィフト、30歳になる前に学んだこと告白 母のがん再発も明かすの画像


美しいルックスと作曲の才能を持つテイラー・スウィフトは次々にヒット曲を世に送り出し、今では音楽界で大きな影響力を持つビッグアーティストとなった。またその恋愛遍歴も華々しく、ジョー・ジョナス、テイラー・ロートナー、ジョン・メイヤー、ジェイク・ギレンホール、ハリー・スタイルズ、カルヴィン・ハリス、トム・ヒドルストンら数々の有名人との恋を経て、今年30歳を迎える。

そんなテイラー・スウィフトは、『ELLE』誌に「出生記録によると私は今年30歳になるわ。変な気持ちよ。だって実際の私は29歳なのに、どこかで自分はまだ18歳だって感じるし、どこかで283歳だって感じることもある。30代が『一番楽しい!』って言うのを聞いたことがあるわ。だからその時(30代)になって私が得た気付きを必ず伝え続けていくわ。でもその前に私が30歳になるまでに得た教訓をシェアしたい。だって2019年よ。シェアすることは思いやりがあるってことだもの」と語った。

テイラーが同誌で明かした「30歳になる前に学んだ30のこと」だが、その中にはSNSのコメント欄を非表示にすること、失敗を繰り返すのは当たり前のこと、自分の体の脂肪を嫌うのをやめたこと、セクハラ問題は被害者を信じるようになったことなどシリアスな教訓が多かった一方で、可愛らしい学びもあったようだ。

「ビタミンを摂ると気分がすごくいいの! 私はテアニンを摂っているわ。ストレスや心配を緩和する自然のサプリメントよ。筋肉の健康とエネルギーのためにマグネシウムも摂っているけど。」

「ティーン時代、メイクしたまま寝てた20代前半、時々Sharpie(黒いペン)をアイライナーとして使ってた時を経て(やっちゃダメよ)、自分の肌に優しくなる時が来たの。今は毎晩、顔を保湿しているわ。シャワーのあとでボディーローションも塗っているの。冬だけに限らず一年中よ。だって、なぜ春夏秋冬ソフトな肌になっちゃダメなのかしら?!」

「髪の毛の質も完全に変わるんだって学んだわ。生まれてから、私の髪はものすごくカーリーだったの。でも今はストレートよ。中学生のとき毎日のように願っていたストレートヘアになったの。でもカーリーヘアを大好きになったらそうじゃなくなっちゃった。カーリーヘアが無事に戻ってきてくれることを願っててちょうだい。」

また、テイラー・スウィフトは今回の30のリストの中で、母アンドレアさんのがんが再発したことを告白。テイラーは2015年4月にアンドレアさんががんと診断されたことを公表していた。

「家族の深刻な病気と向き合う方法を学ばなくてはいけなかった。両親ともがんにかかったことがあるの。母は今、再び(がんと)闘っているわ。本当に大切な問題と、そうではないものがあると教えてくれたの。私の母のがんは本当の問題。私は以前、日々浮き沈みがあることに不安を抱えていた。今は自分の心配、ストレス、祈りを本当の問題に捧げるようになったわ。」

今年12月13日に30歳を迎えるテイラー・スウィフト。最近ではレコーディングスタジオから出てくる姿をキャッチされ、新アルバムの発表も期待されている。10代、20代と様々な学びを得て、20代最後の年は彼女にとってどのようなものになるのだろうか。

画像は『ELLE Magazine 2019年3月6日付Instagram「Ahead of her 30th birthday, Taylor Swift is sharing 30 things she learned before turning 30.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)