1Dルイ・トムリンソン、亡き母に捧げた新曲にファン涙

1Dルイ・トムリンソン、亡き母に捧げた新曲にファン涙

1Dルイ・トムリンソン、亡き母に捧げた新曲にファン涙の画像


現在活動休止中の「ワン・ダイレクション」。メンバーはそれぞれソロ活動を行っている。最年長であるルイ・トムリンソン(27歳)は2016年に『Just Hold On』、2017年に『Back to You』、『Just Like You』、『Miss You』をリリースし、現在はデビューアルバムの準備を進めているところだ。

そのルイが現地時間7日に『Two of Us』をリリース。デビューアルバムからのファーストシングルとして選んだ同曲は亡くなった最愛の母ジョアンナさんへの思いを歌った曲で、YouTubeに公開されたリリック(歌詞)映像ではルイが紙に歌詞を綴っている。

「あなたに電話してから1分が経った。ただ留守番電話を聞くために。分かっているよ、あなたがこれを受け取らないことも。でもメッセージを残したかったんだ。僕は1人じゃないって思えるように。今朝起きたら、まだ夢を見ているようだった。思い出が僕の頭に浮かんでいる。僕がどれだけあなたのことを恋しく思っているか分からないだろうね。彼らがあなたを迎えに来たあの日、僕が代われたら良かったのにって思うよ。」

「だから僕は絶えずあなたをそばにいさせるんだ。僕が死ぬまでね。僕たち2人のために1つの人生を生きるよ。最高の自分になって、いつもあなたを僕のそばに置いておくんだ。」

このルイ・トムリンソンの母を思う歌詞に、ファンからは「泣ける。誇りに思うわ、ハニー。愛してる」「泣けちゃう。本当に美しい曲。メロディーも歌詞もとてもスウィート」「私も父を亡くしたから、歌詞の1つ1つが理解できる。愛している、この曲に感謝」「なんて美しい曲。お母さんは誇りに思っているでしょうね」と感動の声が集まっている。

ルイはツイッターにファンへの感謝を投稿。「みんなからのサポートに感謝しているよ。君たちは最高だ! もう少しでそこら中のiTunesでナンバー1だ。君たちには感謝してもしきれない」と記している。

画像は『Louis Tomlinson 2019年2月27日付Instagram「#TwoOfUs // 7th March. Link in bio.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)