ジャスティン・ビーバー、心の病と闘う日々明かす 「僕のために祈っていて」

ジャスティン・ビーバー、心の病と闘う日々明かす 「僕のために祈っていて」

ジャスティン・ビーバー、心の病と闘う日々明かす 「僕のために祈っていて」の画像


昨年9月にモデルのヘイリー・ボールドウィン(22)と結婚し、自身が手がけるアパレルブランド「Drew House(ドリュー・ハウス)」の売上も好調なジャスティン・ビーバー(25)。若くして富と名声を得たジャスティンだが、心の奥に抱えた闇には依然として苦しめられているようだ。

『PEOPLE.com』は先月、ジャスティンが心の病気を患いカウンセリングを受けていること、またこれはヘイリーとの結婚は無関係なことなどを報じていた。また米版『VOGUE』3月号のインタビューでは、ジャスティン自らが「ツアー中にうつ状態になったこと」や「孤独を抱えていたこと」を明かしており、「13歳で成功しちゃったから、“歌手ジャスティン・ビーバー”である以前に、そもそも自分は何者なのか―を見つける機会がなかった」「自分がどんな人間なのか、人生に何を求めているのか、誰と過ごしたいのか―音楽業界にどっぷり浸かっている間に、つい見失ってしまいがちなこういった事柄にじっくり向き合う時間が必要だった」と当時を振り返っていた。

そんなジャスティンは、このほどInstagramでも苦しい思いを吐露している。

「最近ずっと辛い状態が続いている。自分自身や世界から取り残されているような、妙な感覚に苦しめられているよ。」
「いつも元気を取り戻す僕のことだから心配はしてないけど、皆と今の近況をシェアして、僕のために祈ってほしいと伝えたかった。」
「神様は決して裏切らないし、君達が捧げてくれる祈りが僕を救ってくれる。ありがとう…僕は今、これまで生きてきたなかで一番“人間臭い”時期にいて、自分の問題に真正面から向かっていっているよ。」

このコメントには目を閉じ髪を乱した自身のモノクロ写真が添えられており、それはまるで張り裂けんばかりの苦しい胸のうちを象徴するかのようだ。ジャスティンのこの投稿には多くの人が心を動かされた様子で、

「愛してるよ!」
「あなたの回復を祈りながら、いつまでも待っているから。」
「暗いトンネルにも、いつかきっと光が差し込む時が来る。遠くからそっと応援してる。」

など、激励のコメントやハートの絵文字がたくさん寄せられており、投稿からわずか半日で400万を超える「いいね!」が集まった。

人生のおよそ半分近くを常にスポットライトを浴びながら、ジェットコースター並みのスピードで生きてきたジャスティン・ビーバー。妻ヘイリーをはじめ周囲の温かいサポートに助けられ、少しでも心が癒されることを願ってやまない。

画像は『Justin Bieber 2019年3月9日付Instagram「Just wanted to keep you guys updated a little bit hopefully what I’m going through will resonate with you guys.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)