ヘンリー王子&メーガン妃、子育てはハリウッド流? 男性ナニーの起用を検討中

ヘンリー王子&メーガン妃、子育てはハリウッド流? 男性ナニーの起用を検討中

ヘンリー王子&メーガン妃、子育てはハリウッド流? 男性ナニーの起用を検討中の画像


一時的に子供を預かり主に身の回りの世話をするベビーシッターとは異なり、子供のしつけや人格形成に深く関わるナニーは英国で広く認められた職業である。ウィリアム王子とキャサリン妃は、国内のエリートナニー養成学校を卒業したマリア・ボラロさんのサポートを得ながらジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子を育てている。「リアル・メリー・ポピンズ」の呼び声も高いマリアさんはスペイン出身の40代で、ジョージ王子とシャーロット王女にスペイン語を教えたり、海外公務に同行するなど夫妻が絶大な信頼を寄せる人物だ。

弟夫妻のヘンリー王子とメーガン妃にもまもなく第1子が誕生することから、ナニーが誰になるかに注目が集まっているが、英紙『The Sun』は夫妻がバイリンガルの男性ナニーの起用を検討中だと報じている。

男性のナニーは“マニー”(manとnannyを組み合わせた造語)と呼ばれ、メーガン妃の故郷米国では特にハリウッドセレブらの間ですでに確立された存在だ。ブリトニー・スピアーズやジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウ、ジェシカ・ビールらは皆そろって“マニー”を雇ってきており、映画「メリー・ポピンズ リターンズ」で主役を演じた英国生まれの女優エミリー・ブラントも、実生活では2人の娘に“マニー”を雇っているそうだ。

ツアーや撮影で長期間自宅を空けたり、カメラに追い掛け回されることも珍しくないセレブにとって、時にはボディーガードを兼ねたり力仕事も任せられる“マニー”は女性ナニーにはないメリットだろう。また長い時間を家族と共に過ごすナニーが、若く美しい女性でないことはパートナーの浮気を心配する必要もなく、これもまたメリットのよう。実際、女優ジェニファー・ガーナーや歌手グウェン・ステファニーは、過去に夫が若い女性ナニーと浮気に走っている。

もちろんメーガン妃が“マニー”の起用に積極的なのはヘンリー王子の浮気が心配だからではないだろうが、王室関係者は『The Sun』に対し、

「メーガン妃は、よりモダンで開かれた米国流のアプローチを英王室に導入することを望んでいます」

と明かしている。

またヘンリー王子が幼い頃には、ボーイッシュで活発な女性ナニーがついていたこと、そしてこの女性から釣りやラペリングを習っていたことにも言及し、アウトドアスポーツを教えられるような“マニー”を検討している可能性を示唆した。ちなみにこの元ナニーは、チャールズ皇太子が故ダイアナ妃との別居後に6年ほど雇っていた女性で、昨年5月のロイヤルウエディングにも招待されるなど現在もヘンリー王子と非常に親しくしているようだ。

夫妻は現在、英国内3つのエージェントからナニーの候補を絞っている段階であり、採用されれば9月頃からの雇用となるという。果たしてマリア・ボラロさんのようなエリートナニーを採用するのか、それとも旧来のしきたりを破りハリウッドセレブのように“マニー”を起用するのか、はたまたメーガン妃の母ドリアさんが英国にヘルプに駆けつけるのか…ヘンリー王子&メーガン妃がどんなアプローチで育児を実践していくのか、世界中の注目が集まっている。

画像は『Kensington Palace 2019年3月11日付Twitter「On #CommonwealthDay The Duke and Duchess of Cambridge and The Duke and Duchess of Sussex joined The Queen and Members of the @RoyalFamily for the Commonwealth Day Service at Westminster Abbey.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)