ドランク鈴木拓「芸人は薬物をやらない」説を熱弁も、「コソドロは各事務所にいる」

ドランク鈴木拓「芸人は薬物をやらない」説を熱弁も、「コソドロは各事務所にいる」

ドランク鈴木拓「芸人は薬物をやらない」説を熱弁も、「コソドロは各事務所にいる」の画像


18日に放送されたMBSラジオ『アッパレやってまーす!』の冒頭で、芸能界の薬物疑惑に触れた鈴木拓。ピエール瀧容疑者の逮捕によって改めて薬物汚染の闇が取りざたされた芸能界だが、鈴木は先輩芸人と「芸人は薬物を使用しない」ことについて話したという。鈴木は放送前日の17日にAbemaTV『Abema的ニュースショー』に千原ジュニアと共に出演し薬物に関してトークを繰り広げており、そこでの内容を振り返ったようだ。

ジュニアが所属している吉本興業では、たびたび犯罪に関する講習が行われ、講習を担当する元警察官曰く「薬物を使用していそうな人は全く見当たらない」という。その理由は舞台の上で聞く観客の笑い声に中毒性があるそうで、辛いネタ作成から一気に解放されるその“笑い”が脳内麻薬に非常に近い働きをしているのではないかとのこと。これはナインティナインの岡村隆史も自身のラジオ番組で「ウケたときの気持ち良さが(ドラッグに)勝っていると思う」と語っており、鈴木はその快感ゆえに何年、何十年と安いギャラで芸人として続けられるのではないかと推測していた。

そのうえで鈴木は「売れてる芸人さん、戦後から一人も薬物で捕まってないんですよ」と断言したが、芸人に蔓延している犯罪は別にあると気づいたそうだ。それが“泥棒”で、鈴木が松竹芸能に所属するよゐこ・濱口優に「お宅の事務所にもいたでしょ?」と話を振ると、濱口は「自転車泥棒ね」と即答。鈴木も「うちの事務所(プロダクション人力舎)にもいました。制服泥棒が」と返し、「太田プロにも色々いましたし、吉本さんにもいます」と過去さまざまなトラブルがあったことを明かした。

「コソドロは、各事務所みんな取り揃えてますから」とその犯罪率の高さを証言した鈴木拓。もちろんそのような犯罪に手を染めない人が圧倒的に多いのだが、これが芸人ゆえの特徴と言われないように気を付けて頂きたいものである。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)