実写版『ポケモン』のジャスティス・スミス、ピカチュウに埋もれる

実写版『ポケモン』のジャスティス・スミス、ピカチュウに埋もれる

実写版『ポケモン』のジャスティス・スミス、ピカチュウに埋もれるの画像


映画『名探偵ピカチュウ』はニンテンドー3DSのゲームをもとに制作されており、父親を誘拐された10代の青年ティムが“名探偵ピカチュウ”とチームを組んで、一緒に捜索するというストーリーだ。ジャスティス・スミスはこのティム役を演じ、ライアン・レイノルズがピカチュウの声を担当している。

そして現地時間18日、ジャスティス・スミスがピカチュウや他のポケモンのキャラクターのぬいぐるみに埋もれる写真をインスタグラムに公開。映画の舞台となるライムシティ警察署のマグカップも持っていた。ジャスティンは「#カジュアルなファン」と言葉を添えている。

この写真にファンは、

「ピカチュウほしい」
「ポケモンゲットだぜ」
「すごくうらやましい」
「あなたの人生がほしい」

とコメントしている。

ジャスティス・スミスはインスタグラムのストーリーで探偵帽にピカチュウの耳のついた「名探偵ピカチュウ帽子」を被り、「この帽子買ってね!」と宣伝。さらに「クールな人だけがこの映画を見られるよ。はは」とジョークを添えていた。

先月はライアン・レイノルズがピカチュウの役作りについて語る動画が公開されていた。動画の中でライアンは、1年間は家族も忘れてピカチュウになりきる生活を行い、「僕は完全にポケモンの世界に入り込んだんだ。ピカチュウについて読んだし、彼と同じ身長で暮らしたし、医者に止められるまで彼の体重になるために182ポンド(約82.5kg)減量したさ」と語り、ライアンらしいプロモーションを行っていた。

画像は『Justice Smith 2019年3月18日付Instagram「#casualfan」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)